97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
海外で使うiPhone5とKindle Fire HD
今回のカナダ旅行には、iPhone5と読書用にKindle Fire HDを持参。

iPhone5は、カナダの空港ではBellのネットワークに自動的にアクセス。設定画面で海外・データローミングをONにすると余計な手間なしにネットに接続できる。iPhoneは最初からグローバルパスポート定額契約になっており、1日あたり24.4Mまでなら1980円の定額。

本日auのサポートページでチェックするとすでにローミングの請求が来ている。早いなあ。37M利用2日分で3,960円。内訳見ると、定額契約無ければ5万9千円の請求だった。定額契約で助かったというか、定額契約無い時の請求金額というのは、まるで暴力バーの如き暴利であって、この請求単価は何かがとんでもなくおかしいんではないか。まるで詐欺であって、誰もこんなレートで使ってるものはいないだろう。

Kindle Fire HDを空港でテザリングして使うともっと使用料は上がっただろうが、まあ移動中の接続はiPhone5で十分。イエローナイフのホテルは、無料wifi完備だったので助かった。

Kindle Fire HDは、wifi環境があると、読書端末だけではなく、インターネット接続デバイスとしてもなかなか優れてはいるのだが、ずっと使ってると画面のタッチへの反応がセンシティブすぎて、スクロールしていると、すぐに一瞬指が触れた余計なところに画面が飛んでしまう。ここがちょっとフラストレーション溜まるところか。操作の快適さはiPadに分がある。あとは、iPad同様、画面への表示ではなく物理的なホーム・ボタンをつけてもらいたいなあ。ほんの一瞬なのだが、アプリの終了に手間がかかるのがちょっと。あと、日本語変換は若干お馬鹿な気がする。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック