97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
会田誠展 「天才でごめんなさい」
個人的には、現代美術が苦手だ。美術館でも現代美術のコーナーになると、げんなりして興味が薄れる。

部屋の中に何なのか分からない妙チクリンなオブジェがポツンと置かれている。近づいてみると題名は決まって「無題」。全ての具象から「意味」なるものを剥ぎ取ろうとしているのだと思料するが、「無題」と名付けた箱になんでもかんでも叩き込んでいるだけではないのか。意味が読み取れないと不安というのは、私の頭のほうが古いのだろうけれども、何にでも「無題」と名付ける態度というのも相当頭が悪いと思うよなあ。



この前、六本木ヒルズの森美術館でたまたま観た、会田誠展「天才でごめんなさい」の作品集をAmazonに発注していたのだが、届いたのでパラパラと。

エロスとロリコン風味、芸術と下世話の間を軽やかに行き来するポップな作風。作品には、なんでも「無題」と名付ける態度とは正反対の、社会と芸術との関係性がきちんと維持されている。風刺とセンセーションあふれる作品を作り続けてるところが実に面白いなあ。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック