97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
カナダ オーロラ紀行 その3 写真日記
オーロラ写真はプロ機材が無いと撮れないので撮影してないのだが、それ以外のイエローナイフ滞在写真日記を。

ykIMG_0352.jpg

外は吹雪いてはなかったが、ずっと零下35度~零下40度。オーロラ観察は夜中なので日中はホテルでゴロゴロ過ごすことになる。昼もたいていホテルのレストランで。クラブハウス・サンドウィッチは、ベーコンがカリカリに焼きあがり、チキングリルも香ばしく、なかなか馬鹿にできない出来。昼間からビールと共に食するのが美味い。

ykIMG_0358.jpg

二日目のオーロラ鑑賞前に力をつけるかと云う事で、夕食は、エルク(ヘラ鹿)ストリップロイン(腰部分のロース)ステーキを。脂少なくヘルシーだが、パサパサの牛肉と云う感じ。ミディアムの焼き上がりをベリーのソースと食す。ヘルシーではあるが、あんまり旨味は無いような。シカゴ時代は、事務所近く、エルクグローブにForest Reserveがあり、エルクが何頭も飼われていた。結構大きい動物だったが、あの肉かと妙な感慨あり。レストランのメニューには、他にも北極イワナやホワイトフィッシュ、イノシシ肉等の極地食材もあり。グラスで貰ったメルローの赤はなかなか良かった。

ykIMG_0357.jpg

短い夏の間は緑溢れる土地のようだが、冬は全ての木々がカチンコチンに凍り付いている。日中に外を歩くのも重装備で。

ykIMG_0365.jpg ykIMG_0366.jpg

オーロラ鑑賞は、夜の9時頃に出発する。1時半頃にオーロラ観測から帰ってくると、やれやれと一杯飲みたいが、ホテルのバーはもう閉まっている。しかたないなあということで、3日目の昼に町で一軒という酒屋まで買い出しに。外に出ると、街は凍りついている。寒さで顔が痛い。途中のホテルやショッピングモールに入って一息すきながら3ブロック先の酒屋に到着。中に入ってみるとごく普通の酒屋。ビールには、「6本セットです。バラ売りはしません」との日本語の看板。こんな極北の町でも日本人が来て、1本だけ売ってくれとかで揉めたのだろうか。アメリカのスーパーなんかでは1本単位でも売ってたと思ったが、輸送費もかかるこの地ではそれでは商売にならないのかもしれない。極北の街では日はお昼過ぎでも実に低く、影が長く長く伸びるのだった。

ykIMG_0367.jpg ykIMG_0368.jpg

オーロラ爆発に遭遇した次の日。日中でも街は零下40度。若干吹雪いているような感もあり。しかし、ホテルのレストランにも飽きたので、重装備で近くのベトナミーズ・ヌードルの店まで。外に出ると思わず咳き込むような空気の寒さ。重装備で寒さの中をヨロヨロ歩いて、室内に転げ込むのは、なんだか映画「遊星からの物体X」を思い出すなあ(笑)。スパイシー・ビーフヌードルはなかなか美味かった。

ykIMG_0361.jpg ykIMG_0362.jpg

町にはいちおうショッピングセンターもあるのだが、季節柄か閑散としている。北極クマの形をしたナンバープレートは、準州の名物土産なんだとか。

ykDSC01711.jpg

イエローナイフを発つのは早朝6時のフライト。既にレンタルの耐寒重装備は返却して、日本の冬の格好。気になるのはターミナルから直接飛行機に搭乗できるのかということだが、空港自体が平屋建て。搭乗が始まると、チケットを確認した係員は外に通じるドアを指して、あっちだと。やっぱりねえ。零下38度くらいかな。結構遠くに駐機している飛行機まで徒歩で。同行T氏が手に持っていた、パスポートや搭乗券入れたジップロックの書類入れが、凍り付いて割れた。ビニールが凍って割れる豪快な寒さ。人間の皮膚は考えてみると丈夫だなあ(笑)

ということで、イエローナイフ、オーロラ旅行の巻、終了。息を飲むようなオーロラ爆発が見れて、実に素晴らしい旅だった。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
すばらしいですね
ご無沙汰しています。

素敵な旅行記堪能しました!
オーロラ写真感動です。
寒いの苦手ですが、行ってみたくなりました。
写真の方がより鮮明に写るというのが面白いですね。
2013/01/26(土) 09:32:17 | URL | uyouyo #vQU5PwVA[ 編集]
写真だと光を集めて(積分)しているので人間の目では判断付かない色が甦ってくるという感じでしょうか。

オーロラばっかりおっかけてると、他の人が「何も出てないねぇ」という空間にオーロラの存在とか色を見いだせるようになるんですが、半分ぐらいは幻覚だったりして(笑)。

やっとこさ本格的な写真処理に入りましたが、あらためて見直すと最終日がとんでもない状況だったというのがよくわかります。紙に出したり、iPad等に入れてそのうちに伺いますね♪
2013/01/26(土) 12:31:40 | URL | taka #xJy3ruYo[ 編集]
>uyouyoさん

ご無沙汰です。自分を取り巻く全天にオーロラが光り輝くというのは、実に得がたい体験でした。オーロラが見えるのは寒い所が多いのが難ですが、一度は是非オーロラ体験をどうぞ。
2013/01/27(日) 13:52:05 | URL |  Y. Horiucci #-[ 編集]
>takaさん

旅行ではすっかりお世話になりました。自分では撮影できませんから、やはりオーロラ・ハンターに同行するのが正解ですね(笑) 写真出来上がったら、また打ち上げやりましょう。
2013/01/27(日) 13:53:52 | URL |  Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック