97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「飲み食い世界一の大阪 そして神戸。なのにあなたは京都へゆくの」
銀座教文館で平積みになっていた、「飲み食い世界一の大阪 そして神戸。なのにあなたは京都へゆくの」を購入、読了。この本屋はフロアはそれほど広くないものの、食べ物関係の書籍もなかなか充実している。

関西のライターによる京阪神の食べ物エッセイなのだが、単なる店のガイドではない。掲載されている店は、その地元に住む者が馴染みとして自在に使いこなす店ばかり。ガイド片手に訪問するような客は、返って店で浮いてしまうだろう。むしろ関西文化圏における「食」全般について自在に語る本。関西人特有のサービス精神にあふれた気楽な筆致は、実に読みやすくも面白い。

考えてみると、ミシュランの星に客までが一喜一憂したり、素人グルメが店を訪問してはネットに評価書き込むような文化が定着してるのは、東京圏の店だけかもしれない。東京というのは様々な地方からの出身者が寄せ集まる巨大都市で、店の競争や栄枯盛衰も激しい。しかし、京阪神の店というのは、どちらかというと地場に長く馴染んだ、地元民用の店ばかり。いわゆる東京で言う、下町の老舗に当る店が、京阪神全域に散らばっているという印象。

以前読んだ、「うまいもん探偵の味噺―神戸のグルメ今昔」でも、語られるのは、「この店は、昔、親父に連れられて来たのが最初やったんや」というような店ばかり。代々に渡って家族や友人と使えるような店がよい店なのだ。

食べ歩きが趣味の人間が、ガイド片手に、「見破ってやる」とばかり肩に力入れて入店し、仔細に素材や仕事に質問したり、薀蓄かましたりすると、関西圏では、店ばかりではなく回りの客からも、「なんじゃ、あいつは?」、「ケッタイなヤツが来よったでえ」と驚かれるだろう。山本マスヒロが、関西で受け入れられない所以というか。東西の文化というのはやはりずいぶん違うなと、思い出させるような好エッセイだった。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
シンクロニシティ
ここと並んで毎日チェックするウチダセンセのブログでもこの本のことを書いておられるです:http://blog.tatsuru.com/2013/01/28_1348.php

こりはあっしにとっては意味あるシンクロニシティ.読まなければなりませぬのですぢゃ.
でも,読むヒマあるのかなぁ...
2013/01/28(月) 19:44:07 | URL | 丁の目の半なり #-[ 編集]
実に面白い本でした。関西人には得心の行く話多数。ああ、神戸の味噌ダレの餃子が食べたい(笑)
2013/01/29(火) 08:51:06 | URL | Y.Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック