97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「ソーシャル・ネットワーク」DVD
「ソーシャル・ネットワーク」DVDが到着したので早速鑑賞。フェイスブック創設者、ザッカーバーグを題材にした映画。

Amazonで見てると、991円という投げ売り状態だったので購入したもの。映画もネット配信したほうが、物理的なディスクの製造費用と在庫費用がかからず、長い間にはロングテイルの売上が増えて、実によいと思うのだが。

既にこの映画はアメリカ駐在中の機内で観ており、過去日記でも感想を書いたのだが、DVD版で再度鑑賞すると、訴えられた弁護士との予備会談で、ザッカーバーグが明らかに場違いな失言をした場面で、先方弁護士がクライアントに、「これで我々の勝ちさ」とばかりこっそりウインクする場面が映ってるなど、細かい演出がより鮮明に分かって面白い。

監督デヴィッド・フィンチャーの演出は、目まぐるしく時制を変え、スピード感を持って疾走するが、物語は最後まで破綻無く、実に興味深いエピソード満載で印象的に語られる。ハーバードに進学するも、クラブには所属できず、プログラムだけが得意の社会不適合オタクとして描かれては、ザッカーバーグも気分悪かろうが、これも成功に付随するコストだろうか。映画そのものはあるフィクションとして、ひとりの若者のオーバーナイト・サクセスとその喪失を実に鮮やかに描いている。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/23(土) 09:10:13 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック