97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
築地「つかさ」訪問
水曜の夜は、夕方電話して築地の「鮨 つかさ」訪問。

1月はオーロラ旅行したり新年会が4つもあったりで、結局寿司屋を回る時間が無く、この店に来るのも今年初めて。ちょっと時間が空いてしまった。

高橋親方に昨今の景気など聞きながら。今年のスタートはまあまあとのこと。リーマンショックと大震災で、飲食業界も接待系高級店は大打撃だったが、しっかりした常連がいる真っ当な店は、影響あるものの、なんとか持ち直しているといったところだろうか。

カウンタは私一人で貸し切り状態。高橋親方と、オーロラの話やら海苔の話などあれこれ雑談しつつ白鷹の常温を飲む。このところ日本海側の気候が大荒れで市場でも魚が無いのだと。まあ元々北の海が荒れる時期だが今年は特に日本海側に嵐やら雪が多い気がする。

先付けはマグロ中落ちに揉み海苔を添えて。マグロと海苔は実によく合う。ヒラメは薄造りにしてポン酢で。サバは小型だがネットリした旨味。子持ちヤリイカ煮付け。寿司種にはそろそろ春の気配が。赤貝ヒモ、ミル貝。茶碗蒸しは平貝、アナゴ、白子など具沢山。、アジは生姜醤油で。

この辺りでお茶に切り替えて握りを。まず赤身。次に中トロ。身肉にしっとりした旨味あり。スミイカ、イナダ。すっきりした軽い酢飯は相変わらず旨い。アジ、コハダはおぼろを噛ませて握る。茹で揚げの車エビ、ハマグリ。ウニは癖のないさらりとした旨味で海苔と共に口中で溶ける。アナゴの後はいつもの中トロ鉄火で〆。

ここの海苔は丸山海苔店だが、香りも口当たりも実によい。アメリカに住んでいる頃も、一時帰国すると築地で「佐賀のはしり」や「こんとび」を買って帰ってたなあ。アメリカの日本食スーパーでも勿論海苔は売ってるのだが、これが海苔かと思うような品質のものしか売られてないのだった。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック