FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「しみづ」訪問
木曜は会社帰りに「しみづ」訪問。

お酒は白鷹を常温で。のんびりと飲みつつ、いつも通りに。お通しは菜の花辛子和え。

白身の札がかかってないのは珍しい。やはり日本海側や北海道の荒天が影響してるのだろうか。しかし、つまみの最初に切られてきたのは白身。しかし明らかにヒラメとは違う。ホウボウなんだとか。あっさりした白身だが、昆布〆のほうはネットリした旨みが増して結構。

スミイカの後は、サヨリ生姜醤油で。タコはふっくらと柔らかく上がっている。

奥の席の客が酩酊して、男性のお弟子さんの名前にやたら感嘆して繰り返し繰り返し誉める。摩宙君というのだが確かに珍しい名前。私がアメリカ勤務の時に店に入ったのだが「珍しい名前のお弟子さんが入った」と、いつもお会いするAご夫妻の奥さんからわざわざメール頂いたことあり(笑)。

サバは甘味あり。青柳、赤貝ヒモ、ハマグリ、小柱と貝は満艦飾。貝も盛りだがそろそろ産卵時期かな。ヤリイカ煮付は春を感じる風味。平貝は軽く炙って。ウニもつまみでもらってお酒終了。お茶に変えて握りに。

握りはいつも通り。マグロは脂の具合変えて2貫。しっとりとした旨みあり。コハダ1、キスを1。キスも他店より強めに水分を抜いてる感じだが、ここの強い酢飯にはよく合っている。穴子は塩とツメで。鶴八系伝来のとろけるような味だなあ。カンピョウ巻を半分貰って〆。

もう一杯だけ飲むかと「P.M.9」に移動。マティーニのジンは見たことない壜だが、アイラ島のジンなんだと。癖のないスムースな口当たり。シングルモルトも初めて見る派手な壜。名前がなんだったか、忘れてしまった。最近飲み過ぎると記憶が飛ぶなあ(笑)。結局のところこの日も新橋からタクシー帰宅となってしまった。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック