97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
築地「つかさ」訪問
仕事の会食が多いと、財布のお金は減らなくて、それはそれで結構な気もするが、やはり自分の食べたい物を、食べたい時に食べたい場所で食べるのが一番だ。今週は、なんだかんだでずいぶん疲れた。

仕事帰りに電話して、築地本願寺裏「鮨 つかさ」で一杯。

カウンタには先客一組。常温の白鷹を飲みつつ、いつも通りすべておまかせで。

先付けは浅利酒蒸し。ふっくらした浅利は春の風味。子持ちヤリイカ煮つけはツメをつけて。もうシーズンぎりぎりのブリは、ワラサのような軽い脂。タイは皮目の脂が美味い。青柳とトリ貝。トリ貝は今シーズン初めて食するなあ。漬け込みのシャコはカツブシ入り。筍のお椀が出て、ミル貝の辛子和え。つまみ最後はウニ。春が一杯のラインアップだ。

この辺りでお茶に切り替えて握りに。最初は中トロ。紀州だったか。小型だが脂のある部位で旨みあり。トリ貝も握りで。淡い甘味がスッキリしたこの店の酢飯によく合う。ヤリイカは生を細く引いてから握る。茹で上げの車海老も天然のふっくらした甘味。

カスゴはこの店ではこの季節だけ。淡い酢で〆た白身の旨みがいかにも春。コハダの後は、この店のスペシャル、スモークしたマグロ脳天の身。極上の生ハムのような香りと旨み。アナゴを貰ってから、最後はいつもの中トロ細巻。マグロと酢飯と海苔の素晴らしいハーモニー。久々に「つかさ」の寿司を堪能した。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック