97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
銀座「新富寿し」で一杯
日曜夜は、銀座「新富寿し」で夕刻から一杯。昼から通しでやっており、散歩のついでにブラっと入るのに便利。あんまり立て込んでないのも結構。

冷酒を頼むと、最近種類を増やしたのだとメニューを見せてくれる。前は300ml壜の「日本海」しかなかったのだが。

八海山純米吟醸をグラスで注文。おまかせコースやおきまりの一人前もメニューに載っており、一見の客には便利になったのでは。焼酎もあれこれ種類が。いつもながら寡黙で威勢の悪い(笑)職人に尋ねると、やはり最近は焼酎を頼むお客が多いので種類を増やしたとか。世の中だんだん変わりますな。

つまみで、鯛、タコ、平貝、ハマグリと切ってもらい。その後お茶で握りを。一貫ずつ頼んでも、ちっとも嫌な顔せずに静かに握って出して、勘定を付けるため、後ろのソロバンをパチリ。この辺りは全然変わらない。

サヨリ、ヒラメ昆布〆、中トロ、コハダ、イワシ、小柱軍艦と頼んで、最後はカンピョウ巻。硬めの酢飯に小さめの握りがここのスタイル。カンピョウは、古式を残して実に甘辛く煮てあるのだが、これはこれでなかなか美味いのだった。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック