97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問
16日の火曜日に「しみづ」。珍しくカウンタは空いているが、かかってきた電話の応対聞いてると遅い時間はもう満席とのこと。繁盛ですなあ。

常温の「白鷹」頼んでいつも通り始めてもらう。お通しはしらすおろし。タイは旨みがよく乗っている。タコは塩で。アオリイカ。アマダイの昆布〆は、木の芽と塩昆布を添えて。実に深いネットリした旨み。ホタルイカのぬたも春の香り。

ここのガリはずいぶん酢が利いているのだが、だいぶひねた味あり。新しょうがではないのか確認すると、まだしぶとく古いのを使っており、そろそろ新しょうがに変えるかどうかの時期とのこと。出てるだけなら1月から新しょうがは出てるのだが、出始めは風味が無いのだとか。

トリ貝、赤貝ヒモ、ハマグリ。春先は貝がどれも美味い。トリ貝はこれから益々身が大きいのが出てくるだろう。アジも肉厚で旨みあり。ホタルイカのぬたも春の香り。サヨリはもう種札から姿を消した。産卵が始まると身の旨みが抜けて行く。本来は冬から春先までの魚とのこと。

平貝炙り、カスゴは軽く塩で〆たものを炙って。このあたりでお酒フィニッシュ。お茶を貰って握りに。

最初にキス。旨みの濃い中トロ、コハダ。シマアジはツルンとしたサッパリとした脂が酢飯に溶ける。小柱軍艦も小柱と海苔が実によく合う。アナゴはトロトロ。最後にカンピョウ巻をもらって終了。

その後で「P.M.9」に。ドライ・マティーニの後、シングル・モルトを2杯飲んで、結構いい調子になってタクシー帰宅。やはり飲み過ぎで、翌日はだいぶしんどかった。最近仕事上でストレスがあるからか、酒量が増えてきたなあ(笑)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック