97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
天麩羅「なかがわ」訪問
昨日は、「天麩羅 なかがわ」。前回行ったのが松茸の季節だったから、ずいぶん間が空いてしまった。もっと頻繁に来ないといかんなあ。散歩がてらブラブラ歩いて行ったので、まずビールを一杯。お通しはもずく。週末は、開店と同時に満席という場合が多いが、昨日は珍しくまだ空席あり。この店に来る時はいつも昼を抜いて来る。天麩羅はやはりお腹が空いてないと堪能できない気がするよねえ。

いつも通りおまかせで。お酒は常温で。海老は芯に甘味を残す軽い揚げ。反対に海老頭はじっくり火が通っている。たらの芽はホロ苦いところに春を感じる。キスはしっかり火が入り香ばしい衣の下で旨みが凝縮した身がホロホロと崩れる。

冷蔵庫から取り出したアオリイカは、まるで座布団のような特大の大きく厚い身。「しみづ」でもこんなアオリを見たことがある。身が厚いので直方体のように切ってあげるのだが、表面は香ばしく、芯にはネットリした旨みが残る。めごちはしっかり熱が通って天麩羅ならではの美味さ。稚鮎は滋賀のものだというが、蓼のおろしで食する。鮎独特の香りあり。ぎんぽも天麩羅独特の種。若干癖のある旨みだがしっかり揚げ切るとこれまた美味い。

白魚はもう種札から姿を消している。中川氏に尋ねると、例年、桜が散り終わったら季節が終わりで、今年は桜も早かったから、終わるのが早かったとのこと。軽く香ばしく揚げたここの白魚は絶品なのだが今シーズンは食べ損ねてしまった。今年は2月に「新ばし 笹田」で初物を食べただけで終わってしまったが、来年は忘れずにここに来ないと。

穴子は一匹丸ごと十分熱を通して揚げ、鉄箸でバスっと二つに割ると盛大な湯気が上がる。天麩羅というのは衣の中で水分を抜きながら蒸し煮になってるのだということがよく分かる。野菜は、なす、いも、アスパラと。最後は大星を集めて揚げた小柱のかき揚げを天丼に。ここの真摯な仕事ぶりは何時来ても間違いがない。久しぶりに「なかがわ」の素晴らしい天麩羅を堪能した。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック