97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし 久」訪問
木曜の夜は、当日予約で「新ばし 久」訪問。ここもだいぶ間が空いてしまった。

お酒のラインアップは、大七、神亀などいつものメニューに加えて、月変わりのメニューが追加されている。まず、一の蔵純米吟醸を。

先付けは、ホタルイカ、赤貝、トリ貝など春の魚介と野菜の吹き寄せ。卵黄と酢と味噌を合えた日本版マヨネーズのようなタレが美味い。刺身はタイ、カツオ、タコ。タイはなかなか旨みあり。お酒は、獺祭の純米大吟醸磨き二割三分に切り替え。ふっくらした米の旨味と甘味はすっと舌の上で消えて、まるで石清水の如き清冽な後口だけが残る。これは最初の酒にして、後は大七にするのが正解か。

お椀は、アナゴのしんじょ。タケノコ、焼きシイタケ添え。春を感じるなあ。魚は本鱒の付け焼き。旨みが乗ったふっくらした身。肉料理は牛肉の山椒の芽煮。サシがびっしり入った肉だが、山椒と一緒に炊くとさっぱりした後味に。

ここでおきまり終了。〆はここの定番、フライをアラカルトで。車海老はまだ生きている立派なものをフライに。頭は天麩羅風に殻を外して別に揚げて供される。ホワイトアスパラも注文。北海道産だというが、実に立派なものを時間をかけて揚げる。これまた春を感じる素材。最後はお茶を一服して、甘味に抹茶のムースを貰って終了。

和食と洋食がフュージョンした、リーズナブルなカウンタ割烹料理を堪能して帰宅。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック