97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
「新橋鶴八」訪問。仕事が終わってから電話かけると、店は結構賑やかな気配。大丈夫かなと思ったが、しばし間があり「大丈夫です」と。

入店するとカウンタはほぼ満席。あちこちから注文が飛び交って、結構立て込んでいる。お通しはホタルイカ。冷酒を頼み、落ち着くまでのんびりと。親方は生真面目に注文が入った通り、つまみを切り、握ってゆくのだが、きちんと店内全てを見通しており、頃合を見て「何にしましょう」と聞いてくれる。

いつも通りまずつまみから。白身はカレイ。軽い脂と独特な香りが初夏を感じさせる。見かけは似ているが、身肉の繊維の感じもヒラメと違うのだよなあ。次はアワビ塩蒸し。この店では産地をあれこれ選って、一応通年で塩蒸しがあるのだが、もうそろそろ走りの房総あたりの実に立派なアワビだ。この季節になるとやはり香りが違う。いよいよアワビのシーズン。

アジは、注文の都度皮を引いて軽く酢にくぐらせる。実に肉厚で脂が乗るが、それでいて爽やかな初夏の香り。漬け込みのハマグリも貰ってつまみ終了。

握りは中トロ2。コハダ2。コハダはそろそろ産卵期で例年6月下旬には新子が出てくるが、まだまだ肉厚のネットリした旨み。ここの酢飯とまた合うのだよなあ。穴子も鶴八系伝来のトロトロになった旨み。最後はカンピョウ巻。これまた海苔の香りと酢飯のふっくらした旨みが引き立つ。勘定して出る入れ替わりにこの店の大常連氏にお会いして軽くご挨拶。

いつものものがいつものように美味い。この店の醍醐味を味わった。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック