97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
築地「つかさ」訪問
T氏と訪問した築地「つかさ」の記録も。土曜日に来るのは実に久しぶり。昼は満席だったそうだが、夜はカウンタに他のお客さんおらず、のんびりとT氏と、1月のYellowknifeで見たオーロラ談義などしながら。

最初にビール一杯。次は菊正宗の冷酒を飲みつつ。

まずお通しはマグロ中落ち。つまみもおまかせで。淡路のマコカレイはあっさりした旨み。カンパチかと見紛うほどの肉厚の大きなアジ。カツオは生姜醤油で。ミル貝の辛子和えは春の風味。北海道のウニは夏が旬の漁場のもの。さらりとした旨みあり。タコは桜煮で。アナゴ炙りにはキュウリを添えて。この辺りでつまみ終了。

お茶に切り替えて握りを。

まず大トロ。この時期には珍しく大型の本マグロだとか。スミイカはもう肉厚で大きくなってきた。小柱は軍艦で。海苔の香りが実によい。トリ貝もふっくらした甘味。ここのスッキリした酢飯に実によく合う。

アワビは生で。茹で上げの車海老。つまみの物とはまた違う小ぶりのアジ。酢〆のカスゴ。コハダはまだ小さいものを選っているが、そろそろシーズン終盤。

なめこと豆腐の味噌汁が出る。この店の特別メニューであるマグロ脳天スモークはネギをかませて握る。上質の生ハムのようなネットリした香りが素晴らしい。穴子の後は、トロ鉄火巻で〆。マグロと海苔もよく合うのだった。

この店で特徴的なのは、スッキリした酢飯。米の旨みを感じるが、赤酢の強い酢飯とは違い、ギトギトの脂が強い種は合わない。寿司種と酢飯の程のよいバランスがいつもながらよく考えられていて素晴らしいのだった。

オーロラを語り、美味い寿司をつまんだ素晴らしい夜。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック