97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問
水曜夜は「新ばし しみづ」で一杯。前に来たのはGW中だったからずいぶん間が空いてしまった。

蒸し暑くなったので清酒は常温ではなく冷やしたのを。伏見の酒「まつもと」。「美味いんですが名前が悪いんですよね」の冗談と共に供される(笑)少し前まで置いていた天遊林は、質が急激に悪くなったとのこと。

お通しはシラスおろし。つまみはいつも通りお任せで。

カレイはいかにも夏の旨み。香りよし。タコも香りがよい。身の厚いカツオは生姜醤油で。ねっとりした旨み。今シーズン、ここでは初めてのアワビ。びわ色の立派な身を肉厚に切ってゴロりと。やはり握りよりもつまみで食するのが好きだなあ。

鳥貝は実に肉厚で爽やかな甘味も素晴らしい。アジもふっくらと肉厚で脂あり。海老を軽く炙ってつまみに。頭は殻を取り更に甘味が出るまで火を通して供される。シャコは何年ぶりかで小柴産が出たのだと。シャコで有名な港だが、資源枯渇で何年か禁漁してたんだな。小柱、赤貝ヒモ、平貝の炙りをもらってつまみ終了。

お茶を貰って握りに移行。最初はキス。かなり水分が抜けるまで〆てあるのだが、ここの酢飯には実によく合う。ツルンとした舌触りのシマアジも香りよし。中トロはトロとほとんど区別つかない稠密な脂の乗り。コハダ、アナゴは塩とツメで半々に。最後はカンピョウ巻で〆。

カウンタ内には新しいお弟子さんが。そういえば、その前はほんのちょっとだけ預かったという韓国の人がいたっけ。そういえば「笹田」も新人入ると言ってたが、このところご無沙汰だ。また顔出さなければ。

ほろ酔いで勘定を済ませ、ちょっと迷ったが「P.M.9」に。いつも通り、まずマティーニ。自分で作っても絶対にこの味にはならんのだよなあ。もちろん、ビターを振り、ピールすることもあるが、グラスとその温度管理もあると思うなあ。シングル・モルトは山崎のヘビリー・ピーテッドなるもの。確かにピート臭が芳醇に立ち上がってくる。最後は10年のラフロイグ。まだ観ぬアイラの潮風を感じる。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック