97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「銀座のすし」
「銀座のすし」読了。

銀座の寿司屋紹介本。著者の山田五郎は、「アド街」で街紹介の薀蓄を語る解説でお馴染み。有名な銀座のタウン誌「銀座百点」の連載を本にまとめたのだとか。

しかし、銀座の名店を数々訪問しているものの、その仕事や味についてはまったく紹介なし。店の来歴や親父の修行経験や寿司哲学などの薀蓄を山田五郎が克明に取材して解説するというもの。この人は本当に講釈や能書きが好きなんだなあ(笑)。そして自分の感想や意見は注意深く隠されている。まあ、それがこの人の持ち味なのだろうが。

ただし世には既に数々の寿司本があり、それらに目を通しているなら、久兵衛、寿司幸、次郎、水谷、小笹寿し、青空、あら輝などの超有名店について山田五郎が語る能書きは、大方はもう全て知ってる事ばかりだろう。ただ、今まであまりメディアに出なかった店についてのあれこれは、なかなか面白いのだけど。

もっとも店の味や仕事を知るグルメ・ガイドとしては使えない。あくまでも、気楽に読めて店の来歴などの能書きや薀蓄を知ることができる文庫本なのだ。まあ、でも、こんな本もあってよいよなあ。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック