97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし 笹田」訪問
火曜の夜は、「新ばし 笹田」で一杯。

3月4月はバタバタしていたので、ずいぶん間が空いてしまった。前に話だけ聞いていたとおり、新しいお弟子さんが入っている。結構な長身でまさしく大型新人だな(笑) 「新ばし しみづ」の知り合いの寿司屋から紹介されたらしいが、頑張ってもらいたい。

この店はいつもおまかせのコース。先付けの酒肴があれこれ出て、お造り、お椀、焼き物、煮物の一汁三菜。そして炊き立てのご飯で食事。最後に甘味で〆。

お酒は磯自慢の純米吟醸。ふくよかな米の甘みが広がったった後に、切れのよい後口。

先付けの最初は、ウニの冷製ゼリー寄せ。ゼリーは鯛骨の出汁。下には長芋が置いてあり涼やかな一品。壬生菜と揚げの煮物は、この店の定番だがほっとする味。これまた定番になりつつある、ナガス鯨の尾の身。生姜醤油で。濃厚だが癖がない。刺身で少し食する分には、ある意味クロマグロや牛肉よりも美味い珍味。ただ寿司には合わない。

店に入った時に、笹田氏がシャリンシャリンと骨切りしていたのは天草の鱧。次の一品は、天草の鱧。肉厚の身を焼霜にして、梅肉ソースで。ふっくらとした品のよい脂。

次の一品は、カマスの押し鮨。皮目を焼霜にして〆たカマスの脂が酢飯に溶け込む。添えられたのはベビーコーンの蒸し焼き。皮を剥いて食すると爽やかな甘味が広がる。アナゴ八幡巻はパリパリに焼きあがった香ばしいアナゴの香りが素晴らしい。

お造りは、カレイ、シマアジ、ボタン海老。カレイは爽やかな夏の白身。シマアジもよい物を引いている。お椀はじゅんさいと牡丹鱧。出汁に溶けた旨みがよろしい。

鮎は四国の川で6月に解禁になった初物だと。じっくりと焼いて頭からバリバリ食する。腹の苦味と香りが実によい。煮物は車海老と金沢小芋の炊き合わせ冷製。〆はいつもの炊飯土鍋で炊き上げた白御飯。山椒ちりめん、ワサビ漬、お新香と赤出汁を添えて。やはり日本人なら御飯ですな。爽やかな煎茶を一服貰って冷製の白玉ぜんざい。どれもしみじみと美味い。日本人なら和食ですなあ。笹田夫妻の見送りを受けて帰路に。

すっかり忘れていたのだが、よい気分で帰宅してシャワー浴びてから、あ、サッカーワールドカップ予選の日だったと思い出す。TVをつけると、まだ0-0で試合は終盤。TVにかじりついて観るまでもなかったなと思っていたら、日本の失点。あらま。しかし、最後の最後に本田のPKで引き分けに持ち込み大会出場を決めた。最後の濃縮したところだけ見れて実にラッキーだった。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック