97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「しみづ」訪問
金曜の夜は「しみづ」。

来週はまた仕事の会食が連続するので、寿司屋巡りは行ける時に行っておかないと。当日夕方電話したら、7時までしかカウンタは空いてないとのこと。新橋鶴八も立て込んでたし、アベノミクス効果で寿司屋に客が戻ってきたのでは(笑)。

まあ私も長く滞在しないので、1時間あれば十分。それでよかろうと入店。

お酒は白鷹常温。お通しはシラスおろし。いつもより若干ピッチ上げて飲むか(笑) いつも通しおまかせでつまみから。

まずカレイ。品のよい脂が乗っている。シマアジは天然特有のぷるんとした歯触り。アオリイカは細かく包丁が入る。タコも香りよし。旨味が濃いカツオは生姜醤油で。

新人のお弟子さんが入ったからか、以前からいるお弟子さんの持ち場が変わっている。女性のお弟子さんがあれこれ教えているので、ひざ蹴りとか食らわせてないかと聞くと、「やさしくやさしく教えてるんですよ」とのこと(笑)

琵琶色のアワビはゴロンと大きく切る。海の滋味が凝縮した豊かな香りと旨味。珍しくシャコ爪が。蝦蛄は殻剥いて売るので、河岸の若い衆が小遣い稼ぎに爪も剥いて売るのだとか。それにしても立派な爪だな。

カマスの酢〆は珍しい。ふっくらとした脂。鳥貝も肉厚。カスゴ炙り。ミル貝、赤貝紐、ウニともらってつまみ終了。お酒は一本お代わりして大きいの2本といつもと同じ。このあたりで30分。ちょっと急ぎ過ぎたなあ(笑)

ここからお茶に切り替えて握りに。最初はキス。〆具合はかなり強いがここの酢飯にはこれが合う。中トロ、コハダ2、アナゴは塩とツメで。市場ではもうコハダの新子が出たらしいが、ここや新橋鶴八は2枚つけくらいに育ってから使う習わし。最後はカンピョウ巻。

全部終わって勘定しても、7時にはまだ15分くらいある。片づけの時間もあるし、早めに来る客もいる。7時までと言われて、本当に7時ちょうどまで腰を据えるのは気の効かない野暮な客だが、今回はあまりにも早すぎたかな(笑)。

最初にこの店に通い出した頃は、つまみもあれこれ考えながらお好みで頼んでいたから、1時間半くらい滞在していたのだが、何時の頃からか、つまみも握りも何も言わずとも出てくるようになり、入店したら「お酒、常温(冷たいの)で」、「お酒お代わり」、「そろそろ握ってもらおうか」、「ごちそうさま」で全て用が足りるようになってしまった。それに従い、滞在時間もどんどん短く。

ピッチ早かったので意外に酒が回り、P.M.9には寄らずに帰宅。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック