97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問
水曜の夜は会社帰りに「新ばし しみづ」。前回は立て込んでいたのだが、入店するとカウンタにはお客さんが一人。遅い時間から満席になるようだ。

ちょっと蒸し暑いので日本酒は冷やしたのを。お通しはしらすおろし。ミョウガが爽やかなアクセント。

いつも通りつまみから切ってもらう。カレイはアッサリした旨み。タコも香り高い。カツオは生姜醤油で。これまたネットリした旨みが濃い。立派なマダカアワビは大振りに切り肝を添える。当日の朝日新聞に、鎌倉で1.5キロのアワビが上がった事が記事になってたが、房総では少なくなったとはいえ1キロ物はまだゴロゴロしていると親方。昔、2.2キロというのもあったのだとか。ほとんど顔の大きさだとか。

大振りの鳥貝は甘味あり。酢〆にした鰆は酒のつまみによく合う。太ったアジも脂あり。アオリイカと唐津のウニを合わせて。漬け込みのシャコも。先日は久々に上がった小柴物を使ったが、あまりよくないので今は小樽産だとか。なんでも築地に集まってくるんだなあ。

この辺りでお茶に切り替えて握りに移行。

そういえば、「しみづ」に新しく入ったお弟子さんはまだ頑張っている。「怖い姉さんに、影で殴られたり蹴られたりしてないか」と冗談で聞くと、「ええ、時々」と冗談で返して、フミちゃんに「コラ!」と突っ込まれている。まあ、この調子だとまだ元気がありそうだなあ。

ますキス。強めの〆がここの酢の効いた酢飯にマッチして、しみじみ美味い。シマアジは脂の乗った腹の身。しかし癖のない旨み。天然独特だ。中トロも濃い旨み。築地では既に新子が出ているが、ここのコハダはまだ大振りなもの。この時期は石川県七尾産。アナゴは塩とツメで、1貫ずつ。トロトロに煮上がっている。最後はカンピョウ巻を半分もらって〆。

入店する際、傘立てに傘を置いた際、忘れるんじゃないかなとふと頭によぎったが、案の定忘れて店を出てしまった(笑)ニュー新橋ビルの辺りを歩いていると、新しいお弟子さんが走って持ってきてくれた。申し訳なかったなあ。雨が上がってるとどこの店でも必ず忘れる悪癖が出てしまった(笑)



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック