97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「すきやばし次郎」でボヤ
すし店:「すきやばし次郎」でぼや騒ぎ 東京・銀座

過去日記、次郎というブランドでも書いたが、「次郎」は寿司屋を代表するブランド。普通の寿司屋がボヤ騒ぎ起こしても大きな記事になるまいが、さすがにミシュラン3つ星がボヤ出すと、扱いが違いますな(笑)

映画「Jiro Dream of Sushi」でも出てきたが、ここのカツオは皮目を藁の火でさっと炙る。カツオ叩きの手法だが、こうすると皮目の余分な脂が落ち、香ばしい風味がついて実に旨いのだ。

「しみづ」も同様にカツオは藁で炙って出してたのだが、福一事故後のセシウム汚染稲藁による肉牛汚染が報道されてから、気にする客がいてはと、しばしストップしているようだ。まあ、もう大丈夫と思うけどね。

藁にしてもどこにでも売ってるものではないので、「次郎」もおそらく米屋に言って持って来さして、ある程度の量を倉庫に保存してるのだろう。一部報道では、調理場でカツオを炙った後の藁をバケツに入れて倉庫に入れたのが出火したともいうが、そんな迂闊な事するかねえ。あるいは煙草の火の不始末なのでは。

お昼時だし、消防車まで出動したようだから、同じ地下の店も大変だったろう。「次郎」は海苔も毎日七輪で炙ってるようだが、炭の処理も気をつける必要あるねえ。火事になったら路面店よりビル地下のほうが危ない。

やはり、ミシュラン三ツ星の誇りをかけて、「世間様に迷惑かけて、いったい何やってるんだ」と親方の小野二郎が、息子含めた店の全員に雷落として、全員初心にかえって火の用心に励んでほしいね。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ボヤは驚きませんでしたが、次郎が下に仕事用のフロアを確保しており、実は二階建ての店であったことに驚きました。「狭い店で頑張ってるなあ」とか、「世界中から人が来る三つ星店なのに小さな店だなあ」とか思っていたのですけど、ようやく仕組みが納得できました。
2013/06/25(火) 21:10:11 | URL | 九州人 #mQop/nM.[ 編集]
地下二階と記事にありましたから、確かに店舗より一階下に倉庫があるんですね。そのあたりは、「Jiro Dreams of Sushi」にも映ってませんでしたね。
2013/06/26(水) 20:28:03 | URL |  Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック