97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問
月曜夜は「新橋鶴八」。

早い時間に入ったせいか、カウンタはまだ空いている。

酒は菊正宗の冷酒。お通しは、軽く湯通ししたイカゲソ。ネットのニュースで見た、「すきやばし次郎でぼや」の話をすると、親方もまだ知らなかったようでびっくり。夕刊には載ってなかったと。お昼前の出火だから、締め切りに間に合ってなかったようだ。「消防車が出動して周りはしばし騒然とした」と書いてあったから、周りの飲食店も大迷惑だったろうなとあれこれ雑談。

最初につまみを切ってもらう。まずカレイ。肉厚の立派な身。上品な軽めの脂が乗って旨味あり。塩蒸しは琵琶色に煮上がった立派なアワビを取り出して切りつける。この店のは煮アワビというよりも、最後は炒り付けるように煮汁を絡めて水分を飛ばして煮上げるようだが、身に弾力があってこれが実に旨い。仕込み立てで、まだほんのりと暖かく香りがよい。

アジもつまみで。軽く塩で身を締めてあると思うが、皮を剥ぐ前にさっと酢に潜らせるのがここの流儀。実に立派な身。最近、小型のはあまり旨くないとのこと。

これまた鶴八伝来の漬け込みのハマグリもつまみで貰ってお酒終了。考えてみると前回来た時と頼んだものが全て一緒で工夫がなかった(笑) そろそろ名残のトリ貝を貰っておけばよかったか。

ともあれ、お茶に切り替えて握りに。

まず中トロ2。次にコハダ。まだ一貫丸ヅケのものがある。脂は抜けてきたが、まだネットリした旨味を残した仕事。弟子店の「しみづ」はもっと水分抜いて強く〆てるのだが、この店のふんわりと米の旨味を残した酢飯には、やはりこの〆具合が合う。ハマグリ出汁のお椀が出て、アナゴを2貫。これまた鶴八伝来の仕事だが、トロトロの身につけるツメがネットリとした旨味。最後はいつも通りカンピョウ巻で〆。どれも美味かった。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック