97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
選挙戦最後の日に銀座「新富寿し」
先週土曜の夜は、散歩がてら銀座にブラっと。参院選最後の選挙活動とあって、歩行者天国では、桐島ローランドが姉の桐島カレンを連れて浴衣姿で練り歩き、ドクター中松は「奇跡の名刺」を配っている。しばし候補者を見物。まあ二人とも当選はおぼつかないだろう。

涼しい場所で一杯やるかと、コアビル裏の「新富寿し」に。いつも昼から通しでやっており、特に土日の夕方は空いてるのがよい。

久保田万寿を飲みつつ、つまみを切ってもらう。白身はマコカレイを。最上とは言いかねるが決して悪くない。アワビは肝を添えて供される。甘辛く煮付けた味。最近の流行とは違うが、昔の煮貝というのはこうだったんだなあと思って食すると、なんだかしみじみ美味い気がする。

タコもつまみで。お酒をお代わりして、酢で〆たアジもつまみで。今やアジは生で握るのが当たり前で、せいぜい握る前に酢を潜らせる程度だが、ここはアジもイワシも、生もあるけれど、昔風に〆たものがいつも置いてあるのが結構。種数は結構多いのだ。

後から年配の常連らしき夫妻が来訪。男性は燗酒を注文して、「オレはいつものつまみ。煮た物」と注文。タコやらシャコ、漬け込みのハマグリなどが見計らいで出されて一杯やっている。ここは結構仕事した種が多いから、切っただけの刺身よりも、味ついたもので一杯やるのもよいアイデア。「次は何握りましょう」と職人がうるさく追い立てることもなく、放っておいてくれるのも居心地がよい。

このあたりで握りに。注文は1貫ずつでも大丈夫。手が空いた都度ソロバンをパチパチやって記録している明朗会計。

スズキ昆布〆を1。中トロを1。握りは小ぶり。酢飯は硬めだが若干の甘味を感じるかな。コハダは新子がある。8枚付けなんてのもあるというが、3枚丸付けを2貫。これくらいになると身の爽やかな風味が感じられる。1年に一度、季節を感じる種。最後はカンピョウ巻。鶴八系よりも更に甘辛の味。これもまた古式を残す仕事。銀座を散歩中に、フラッと予約無しで入って、軽く飲んで、ちょっとだけ握りをつまんでサッと立つ。そんな使い方にいつもながら便利な店。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック