97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
すし 乾山
昨日午後は、銀座をブラブラ。教文館で、「聖書考古学 - 遺跡が語る史実」購入。

金曜の夜は飲み過ぎたので、おとなしくしてようと思ってたが、夕方になると体調回復。そうだ、これから行ってみるかと「新ばし しみづ」に電話するも留守電になっており、本日出張とかで臨時休業。

ちょうど松屋前だったので、レストラン街の「すし乾山」のカウンタに。寿司田系列のチェインだが、寿司田よりも高級路線の店。白木のカウンタでまずビール小瓶を。その後、「菊姫」吟醸冷酒に切り替え。

寿司種は白木の箱に入っている。ますつまみを。マコカレイはなかなか旨みあり結構。イサキも切ってもらう。アジは太った立派な身。「鰻のくりから焼」なるものを注文。串に刺した鰻の身を塩焼きにしたもの。皮目が倶梨伽羅模様に似てるので、そんな名前なのだとか。

目の前の更に立派な万願寺唐辛子があったので、焼いてもらう。ふくよかな甘味あり。タコもつまみで。職人と、隅田川花火の話など。

握りは、中トロ1、新子2、アナゴ1、最後にカンピョウ巻で〆。置いてある魚は悪くないし、つまみものも気が利いているが、酢飯には特徴なく、握りはあまり印象に残らないところがあるよなあ。でも勘定はリーズナブル。

夜はTVで隅田川花火大会を見物。ここからも遠目に見える。

fw1307271.jpg fw1307273.jpg

なかなか綺麗に光っていたが、30分ほど経過したところで急に光が見えなくなる。豪雨が浅草辺りを襲っていたのだった。

fw1307272.jpg

川沿いで見物していた観客はずぶ濡れになっただろうなあ。まあ、真夏の夜の一興ではあるが。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック