97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
築地「つかさ」訪問
金曜夜は築地本願寺横の「鮨 つかさ」で一杯。

カウンタには既に二組。白鷹を常温で。お通しはマグロ中落ちに海苔をかけて。

いつも通りおまかせでまずつまみを。最初の白身はフッコ。スズキになる前の小型の魚。歯ごたえよく旨みあり。「この時期に珍しいんですよ」と親方が次に切ってきたのは、網走で上がったというブリ。この時期に食したことないが、脂の乗った身は確かにブリだ。

肉厚のアジ、ウニも大きな粒でサッパリした甘いあり。そして、新イカ。スミイカの新子。そうか、もうそんな季節なんだ。身は薄いがちゃんとスミイカの歯ごたえ。そして雑味の無い旨み。小型のゲソも軽く湯通しして。天草のコハダ新子も。小指の間接ふたつ分くらいの小型。仕込みが大変だろうなああ。

大分の天然物という車海老も湯掻きたてをつまみに。青柳は軽く炙ると甘味が増す。

この辺りでお茶に切り替えて握りに。まずマグロの赤身。そして中トロ。柔らかく旨みが口中に溶ける。スッキリした酢飯も相変わらず素晴らしい。キスは爽やかな酢〆。そして新イカ。酢飯と一緒だと更に爽やかな甘味を感じる。コハダ新子も今度は握りで。何によらず、若い魚は複雑な旨みは無いが、雑味が無く旨みや甘さが爽やか。やはり年齢が進むと身肉に余計な物が蓄積されて行くのかね。

アジも握りで一貫。アワビは塩蒸ししたもの。これまた夏の旨み。ウニは軍艦巻。最近はそのまま握りにしたりするようだが、やはりウニは海苔と合うように思うなあ。アナゴを1貫。ナメコの味噌汁が出て、最後はいつもの通り中トロ鉄火巻。海苔の香りが素晴らしい。

満ち足りた気分で勘定を済ませ店を出る。親方に、今夜は築地本願寺で盆踊りやっていると聞いたので、お寺方向へ。確かに東京音頭と人の喧騒が聞こえてくる。

hngnj2.jpg hngnj1.jpg

築地本願寺の建物は、日本の寺らしくない実に変わったフォルムだよなあ。まあ、仏教は元々インド発祥な訳で、木造の大建築はあくまで東アジアの建築形態に過ぎないのだろうけれども。しばし盆踊りを見物してからタクシー帰宅。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック