97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問
昨日は「新ばし しみづ」。考えてみると土曜日に来るのは久しぶりだ。平日は仕事絡みの客もいて、結構慌しいが、土曜日は割りと静かな雰囲気。予約無しでいきなり店に入ってきた一見客などもあり。

散歩がてらあちこち歩いてから行ったので、まず小瓶のビールを。お通しはなめこおろし。その後は冷酒に変えて、のんびり飲みつつ、いつも通りにつまみから。最初はヒラメ。上品な脂でじんわりと旨みも乗ってきた。タコは香りよし。新イカゲソは軽く湯通しして。上品な甘味あり。

カツオは肉厚の立派なもの。薬味醤油で。珍しくサンマがある。〆た後皮目を焼霜にして、ネギを叩いた薬味を添える。この薬味は「小笹寿し」でも使ってるが、ネギなのにニンニクの如き香りがする。握りの種には使わないが、毎年この時期だけ置いてあるつまみだ。

もう無いと思ってたアワビが置いてあって得した気分。肝も添えて。親方によると、もう本当に今日で最後だと。サバは脂が甘く口中で溶ける。赤貝ヒモ、ミル貝。漬け込みのハマグリともらい、最後はぐい飲みに新イクラとウニを盛り合わせて。

お茶を貰ってここから握り。まずキス。この店の酢飯には白身よりも〆たキスのほうが合うかもしれない。シマアジも一貫。これも久しぶりだが天然の脂は甘くくどさが無い。マグロは赤身とトロに近い中トロを1貫ずつ。しっとりした旨みはいつも通り。コハダは一匹丸付けの大きさに。アナゴは塩とツメで。最後にカンピョウ巻で〆。どれも実に美味かったな。

今月は仕事の会食が続いており、疲れが溜まってたので「P.M9」には寄らずに帰宅。8年修行した女性のお弟子さんは、今月であがり。今は独立の物件探しているのだとか。頑張ってほしいものだ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック