97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問
土曜日夜は「新ばし しみづ」。

昼前に電話したら、6時には満席とのこと開店早々に入ることに。短い時間だが、そもそもお酒飲んでもあまり長い時間滞在しないから1時間あれば十分だ。しかし、電車に一本乗り遅れて慌てて途中走るハメに(笑)

お酒は冷たいのを。最近また「天遊林」に戻したような。最近、飲み過ぎだし、氷水も貰って。お通しはなめこおろし。いつも通りつまみから。

最初はヒラメと鯛。ヒラメは旨みが充実している。スミイカは細切りで。タコも旨みあり。戻りカツオはネットリとした脂あり。薬味醤油で。赤貝の紐とミル貝。

この時期だけのつまみ。〆た秋刀魚を炙ったものを。これは炊き立ての御飯に合わせて、朝飯のオカズにも最適。真空パックで販売してほしいと思うのだった(笑)。青魚であれば何でも炊き立ての白飯に合うかというと、勿論個人の好みもあるだろうが、コハダはちょっと合わない気がするなあ。やはり酢飯と合わせなくては。

そう考えると、寿司種も全てが炊き立ての飯に合う訳ではない気がする。マグロや白身は勿論大丈夫。しかし、赤貝やミル貝はあんまり合わないような。寿司には良いけど。漬け込みのハマグリやアナゴなんかは大丈夫。アワビ塩蒸しはちょっと微妙か。しかし、タコは別に炊き立ての御飯で食わなくてもなあ。ま、そんなどうでも良い事を考えながら(笑)

シャコは殻付きを茹でて。アワビはやはり先週に聞いたとおり種札からは姿を消していた。ハマグリのお汁が珍しく「肝臓の薬です」と供される。飲み過ぎだとは一言も言ってないのだが、親方はよく客を見てるのだよなあ。普通は握り主体の人にしか出してないはず。カスゴの炙り。イクラとウニの盛り合わせでつまみ終了。

ここからお茶で握りに。キスは相変わらず絶妙に酢飯の味を引き立てる〆具合。マグロはしっとりした旨みの赤身と中トロ。コハダは丸付けだが肉厚なのと若干薄いのと2種類。アナゴは塩とツメで。最後はカンピョウ巻で〆。

8年ちょっといて頑張って修行した女性のお弟子さんは今週で上がり。一人立ちしても、頑張ってもらいたいもんだ。丸坊主で長年頑張った彼女なら、どこで何やってもきっと大丈夫。店は、来週から男ばかりでむさ苦しくなるかな(笑)。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック