97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
築地「鮨 つかさ」訪問
金曜は、会社帰りに何時もの築地「鮨 つかさ」。会社から出るのが若干遅れたのでタクシー乗ったら道が混んでいる。運転手によると、やはり3連休前の金曜だからかではとのこと。

とはいえ、入店するとまだカウンタには他の客無し。7時過ぎからなんだとか。常温白鷹を貰って、いつも通りおまかせで。このところ台風が頻繁に来るから、市場には魚が無くて大変らしい。

お通しはイクラ。サバはだんだんと脂が乗ってきた。白身はソゲ。平目の小型。スミイカ。

マグロヅケはネギをまぶし。頭に近い身との事だが、細かい脂が入ってネットリした旨みあり。青森は三厩で揚がったとのこと。マグロも既に北が漁場になっている。赤貝ヒモは香りよし。アナゴは軽く炙り塩を添えて。自家製のイカ塩辛を貰ってお酒終了。

握りでは、まず大トロ。しっとりした旨味。マグロ脳天スモークは、大トロよりも更に濃厚な旨みが口中に広がる。昆布〆のキス。そろそろこの店では使うのは終わりとか。

赤貝も美味い。漬け込みのハマグリはツメをつけて供する。ここからは光物。肉厚のアジもそろそろシーズン終りだが、ふっくらした脂あり。もう一貫は酢〆したアジ。新鮮なアジなら生のほうが旨いというのが定説だが酢〆には酢〆でしか出ない旨味が凝縮していて好きだなあ。何時の間にかカウンタは一席残して満席に。商売繁盛で結構。

コハダは片身で一貫。寿司の美味さはやはりコハダに止めを刺す。ウニは軍艦巻。ここのウニも、何時もくどさのないサラっとした旨み。茹で上げの車海老。アナゴはツメをつけて。豆腐のお椀が出て、筋間の脂の多い部分を引っかいて巻いた鉄火巻。これがまた海苔と酢飯に素晴らしく合う。いつもながらすっきりした軽い酢飯とその種に合う寿司種のコンビネーションを満喫した。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック