FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「天麩羅 なかがわ」訪問
久々に、築地「天麩羅 なかがわ」訪問。秋の松茸を食しに。

開店と同時に入店。お酒を常温でもらって、おまかせで初めてもらう。お通しは青菜お浸し。その後から続々とお客さん入店でカウンタは満席になった。

いつも通りまず海老から。芯にまだ生を残しながらさっと揚げる。鬼殻を取った頭はじっくり火を通して。次はキス。天つゆの味が海老の時よりもずっと濃く感じられるのは、水分をギリギリまで抜いてホロホロになったキスの身の旨味が実に上品で淡泊だからだろう。

スミイカも中は生の状態でさっと揚げ、スカッと噛み切る歯ごたえを残す。銀杏はごく薄い衣とつけて。秋の風味だなあ。岩手県産の松茸は、なかなか立派なものを1本丸ごと。半分に包丁を入れてから揚げ、揚げ切ったら鉄箸で更に半分に割る。お酒もお代わりして都合3本。

メゴチは揚げ切りよい。しっかりした旨味あり。ここから野菜。アスパラ、ナス、サツマイモ。最後はアナゴ。いつもより若干大ぶりに感じるが、しっかり揚げて旨味が衣の中一杯に充満している。

〆はいつも通り小柱のかき揚げを天丼に。赤出汁もお新香も旨い。日本人なら最後はやはり米の飯だなあ。いつもながら中川氏の仕事ぶりは真摯で間然とするところがない。何時行っても間違いのないよい店だ。秋の風味を満喫して店を出た。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック