97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問
金曜の夜は「新ばし しみづ」で一杯。入店すると、最多来店記録F氏がカウンタに。常温の白鷹もらって、あれこれ雑談しながら。お通しはなめこおろし。いつも通り何も言わずともおまかせでつまみが出てくる。

9月で上がった女性のお弟子さんは、店を出すべくあれこれ活動中だが、物件があったので清水親方に一緒に見てくれと頼みに来た由。店名を何にするのか、最多来店記録氏とあれこれ放談。「文ちゃん」という案が出たが、どうもガード下の焼き鳥屋やホルモン焼き屋のよう。これはダメだろなあ(笑)。男のお弟子さんの名前の「摩宙」だと、これまた怪しいスナックみたいだなあ、と勝手に盛り上がる(笑)。しかし、店の命名は難しいね。

清水親方は、たまたま新橋で開店したので「新橋鶴八」の名前を使えなかったが、もしもニュー新橋ビルの師匠が引退するのなら、今でも名前を貰いたいと考えてるとのこと。もう「しみづ」が堂々たる大看板になってるのだが、暖簾にはやはり思い入れがあるようだ。なかなか面白いもんだなあ。

白身は鯛。上品な脂に旨みがよく乗っている。そのままと昆布〆と。タコも香りよし。スミイカ。カツオは背の身だがネットリした旨み。小柱、青柳、ハマグリ、赤貝ヒモと貝類の揃い踏み。

サバもねっとりした旨み。カスゴ塩焼きもお酒によく合う。ウニとイクラもらってつまみ終了。

マグロは中トロ。シットリした旨みがある。キスを一貫。ここの強い酢飯に合う仕事がきちんとしてある。コハダも一貫。強い〆だがこれまたここの酢飯にぴったり。江戸前のアナゴの旬は梅雨時だが、九州のアナゴは今が盛りなのだとか。塩とツメで一貫ずつ。最後はカンピョウ巻。

「P.M.9」に寄って、またF氏とあれこれ雑談の続きを。「しみづ」は決算期で税理士が酒の棚卸しに来たとのこと。確かに会計的にはバーの棚に並ぶ酒瓶は棚卸資産。ただ、原価配分をきちんと棚卸手続きを経てやってるとは実にカッチリした決算だと感心。小さな飲み屋などは丼勘定のところも多いと思うのだが。

いつものドライ・マティーニ飲んで、シングルモルトを2種類試して、結構酩酊してしまった。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック