97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
寒い夜はおでんに熱燗。銀座 「やす幸」 
土曜日は銀座の「やす幸」本店でおでん。寒くなってくると、やはり暖かいものを身体が欲するんだなあ(笑)

白鹿の熱燗は、ヤカンに入れて直接火を当て、熟練の職人が猪口で温度を確認してからコップに注いでくれる。普段は冷酒ばかりで燗酒は飲まないのだが、おでんはやはり燗酒に限る。

お通しはマグロぬた。おでんの前に炒りギンナンと平目刺身薄造りを注文。この店はおでん以外の小料理も気が効いている。

熱燗をお代わりして、さておでんに。まず玉子、厚揚げ、大根。ここの厚揚げはネギを乗せて醤油をかける独特の供し方。おでんの玉子は、これこそおでんの玉子という、間然とするところのない美味さ。

こんにゃく、キャベツ巻、つぶ貝も貰った。出汁の色は薄く関西風に見えるが、これはこれで東京流のおでんなんですとの説明を前に受けたっけ。

ただ、関東のおでんは、「関東だき」と称する関西で供されるおでんとちょっと違いがある。肉の「すじ」がなく、関東で「すじ」と称するのは、なにやらセラチンで固めたような胡散臭い代物。あれはいったい何なんだ(笑) また、「ちくわぶ」も関西にはないが、あれも何で出来てるのか実に胡散臭いのだよなあ。

まあ、あんまり関東のおでんをくさすと関東者にどやされてしまうが、上記の例外を除いては(笑)おでんの美味さは東西にはあまり関係がない。おでんに熱燗。寒い夜の至福ですな。

昔、「巨人の星」で星一徹が飲んだくれていたようなおでんの屋台は今でもどこかに残っているのだろうか。ブラっと一人で入って、「オイ、親父、酒だ!」と言ってみたいもんですなあ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック