97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問
水曜日は、寒いし、ラーメンでも食べて帰るかと思ってたのだが、会社を出た時点で気が変わって「新橋鶴八」に電話。空いてるというので早速入店。

席についていつもの冷酒を注文。本来ならここでお通しが出てくるのだが、食事終わりかけの隣のジイサマが突然、「差し替えしたお茶が熱くて湯呑が持てない」、「前の飲みかけの湯呑をもう一度持ってきて」などと大騒ぎしだしたので、親方が「おい、早く差し替えろ」と若いお弟子さんを叱り、店内がしばし騒然と。その余波か、一番弟子が私にお通し出すのを忘れる(笑)まあ、別にあえてお通しくれとまで言わないけれども、迷惑なジイサマだ(笑)「寿司屋のお茶はもともと熱いんだ。おととい来やがれこのスットコドッコイ」と心の中で罵って溜飲を下げる。わはは。

まずヒラメを切ってもらう。肉厚で旨みが濃い。手のあいた石丸親方と築地市場の豊洲移転の話など。場外の店は移転せず、場内の仲卸も移転費用は自腹なんだとか。しかし小型店舗は100軒ほどまだ築地にも残るのだというのだが、そんなに残るのかな。直線距離で2キロ程度の移動だが、橋があるから、自転車で仕入れにいってるお弟子さんは今よりかなり時間がかかるのだと。ゆりかもめは、ずいぶん回り道するし速度が遅いからなあ。

アワビ塩蒸しをもらって、サバもつまみで。どちらも旨みあり。つまみはここで切り上げて握りに。

まず中トロ2。コハダ2。いつもながらネットリした旨み。アナゴは煮汁を塗って軽く炙る。冬場は室温の関係か、濃厚なツメが夏場よりももっとネットリとする。このトロトロ煮上がったにアナゴは、弁天山美家古の爽煮のアナゴよりもずっと美味いと思うなあ。最後はカンピョウ巻で〆。仕事した種はいつもの美味さ。ふっくらした酢飯もよい。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック