97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
築地「鮨 つかさ」訪問
火曜の夜は、築地「鮨 つかさ」。

常温の白鷹をもらって、まずはおまかせのつまみから。お通しはタコ。佐島産で茹であがったばかりだと。旨みと香りがよい。

ヒラメは分厚くきりつけるが上品な旨味。赤貝は福岡産だというが肉厚で香りがよい。サバ。ブリ。三陸のシャコは実に立派な身。ツメをつけて。白子ポン酢。塩辛はスルメイカで本日作ったばかりの自家製。熟成してないがあっさりした旨味。

この辺りでお茶に切り替えて握りに。まずマグロ大トロ。揚がったのは大間。もう北でマグロが揚がるそんな季節だ。スミイカは食感よし。平貝は薄く切って。赤貝ヒモ。コハダ。、脳天スモークは香ばしく旨味が凝縮している。茹で揚げの車海老は目の前で頭と殻を剥く。食品偽造流行りの中、確かに車海老だ(笑)。ナメコの味噌汁が出る。寒い季節はお椀が出ると身体が温まるなあ。

北海道のウニは癖がなくサラリとした旨味。軍艦巻きは海苔の香りが実によい。ハマグリはツメを軽くつけて。アナゴは軽く炙ってから握る。最後はいつもの中トロ鉄火巻で〆。

カウンタが一人になったら、高橋親方が「あら輝のTV見ましたか?」と。なんでも他のお客から教えてもらったらしい。親方本人は見てないとのことなので、番組の内容を解説。

海外に進出するにはやはりどんなビザで行くかをまず検討するのが大切だなあということに。しっかりした雇用者がおり、雇われの寿司シェフとして行くなら、特殊技能者としてビザ取るのは比較的容易だろう。ただオーナーで行くとすると、結構大変だ。

番組見た後で調べると、例えば投資家ビザなら自由に使える資金を100万ポンド金融機関に預けないといけない。企業家ビザなら20万ポンド、およそ3千万円の資金を事業に投下すればよいのだが、ローカルを2名雇う必要があり、事業計画や英語の能力も問われるとのこと。我々が海外赴任する時は、すでに現地に法人が立ち上がっており、交代で行く場合がほとんどであり、駐在員ビザの取得は会社がスポンサーなら実に容易なのだが、自営業者が自分のブランド掲げて進出するには、またそれなりに難しさがあるのだろう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック