97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問
木曜夜は「新橋鶴八」で一杯。

カウンタは結構混雑している。この店は原則種札見てお好みで注文するシステムなので、握りの注文が立て込む時があり。ただ石丸親方はタイミングを見計らって「ヒラメからですか」等と聞いてくれるので、ストレスはなし。

冷たい日本酒貰い、お通しは貝柱の醤油づけ。まず切ってもらう。最初はヒラメ。脂の乗った分厚い身。この店では煮切りを使わない。うちの寿司には煮切りの甘味は必要無いという考えからだが、ここの醤油は凛とした旨みで寿司種の甘味をきちんと引き出す。もっとも仕事した種がほとんどだから、手塩にはなみなみと注ぐ必要はない。ほんの少しで十分だ。

次に塩蒸し。三陸産だと思うが夏のシーズンに比べるとさすがに小ぶり。切って貰ったのが最後だったらしい、直後で隣の2人客が、「ここの塩蒸しが美味いんだ」と握り注文すると、「すいません、切れちゃいました」と親方が。一歩遅ければ食べられないところだった(笑)

サバは脂が乗って美味い。腹の部分などトロトロ。ブリを貰おうかと思ったとたんにカウンタの客が同じくブリを注文。なんかこう、他所の注文に乗っかるのは嫌なんだなあ。ということで漬け込みハマグリをつまみで。肝臓に滋養が染み渡る気がする(笑)

この辺りでお茶を貰って握りに。まず中トロ2。ふっくらと米の甘味を感じる酢飯に軽い脂が溶ける。コハダはいつもながらネットリした旨み。コハダにも色々あるが、新橋鶴八のコハダが一番好きかもしれない。当日煮上がったばかりと思しいアナゴもトロトロの柔らかさ。これまたこの店の看板。

この店にほとんど毎日顔出している大常連氏が来たのでご挨拶して、ロンドンで江戸前寿司が出せるかなど雑談。TV番組の力もあって、「あら輝」の話題はどこでも出るなあ(笑)

最後にカンピョウ巻で〆。いつもながらブレのない職人仕事を堪能して店を出た。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック