97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問
水曜日は会社帰りに「新橋鶴八」。今年初めて。親方と「本年もよろしく」と挨拶。しかしまあこの辺りになると正月気分も抜けてもうすっかり普通の営業だ。入店した時はまだカウンタは空いていたが、遅い時間は奥の座敷も入って満席になるとのこと。タイミングを見て早め早めに注文。

お通しはなんだか珍しく、マグロの脂のあるところのつけ焼きが出てきた。香ばしさに酒が進むなあ(笑)お酒はいつもの菊正冷酒。しかしお代わりを注文すると親方が「今日は「大七」がありますよ」というので頼んでみた。米の旨みがあるが寿司の邪魔にはならない酒。

つまみは、まずヒラメ。肉厚の立派なもの。旨味もある。次はいつもの塩蒸し。香りと歯ごたえよし。ブリはマグロで言うと大トロに当る部分。びっしりと脂が乗るが天然物の魚の脂は旨味があってもサラリとしている。漬け込みのハマグリもつまみで。

このあたりでお茶を貰って握りに。最初に中トロ2。コハダも2。ネットリしたいつもながらの旨味。アナゴも2。ちょっとだけ炙ってから握る。トロトロだ。最後にカンピョウ巻。どれもいつもと同じだが、いつもと同じように美味い。寿司屋の酢飯はどこも違うが、種の仕事とのバランスがきちんと考えられているのがよい寿司屋の技量だ。店を去り際に入店してきたここの大常連氏にもご挨拶して店を出る。

ホロ酔い加減橋駅でタクシー乗ると、結構年配の女性の運転手。東京近郊の住宅地では女性の運転手が結構いるだろうが、新橋界隈で営業してる女性運転手は珍しい気がするなあ。しかしこの辺りで15年以上やってるとのこと。新宿を流したこともあったが、高速入口もあちこちあって銀座もあり、ロングが出る確率も高いこの界隈がやはり一番よいとのこと。

その後都知事選の話になり、前猪瀬知事もうかつに金貰ったり、議会では汗ダラダラで発言はフラフラして、カバンにパッケージ詰め込もうと奮闘したり、まるで見世物で気の毒になるくらいだったなあと雑談。やはりあの脇の甘さと迷走ぶりは、政治の素人だからだったんだ。

運転手が、「そういえば昔、何かの国会喚問で手が震えてサインできなかった人がいましたね」と言うので、「そうそう、日商岩井の海部専務だ」とまた昔の話題で盛り上がる。我々も古いなあw しかし何十年も前の印象的な映像が、まだ大勢の記憶に残っているのだから実にお気の毒。企業人としては、海部軍団を率いて日商岩井を大躍進させた立役者だったらしいのだが。

まあ、しかしあんな喚問の場で汗もかかず手も震えずにケロっと嘘つけるのは、やはりプロの政治家のワルだけだよなあということで運転手と意見一致(笑)。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック