97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
西大島「與兵衛」訪問
日曜日は西大島「與兵衛」訪問。

BeVYQfLCcAAgD60.jpg


西大島の駅から北に歩き、玄関にこの人形のある店の角を曲がる。西大島銀座横町。

この人形はもともと角の蕎麦屋の玄関にあったのだが、本来は自動ドアと連動して「いらっしゃいませ」とお辞儀をする高機能なもの。しかし蕎麦屋が畳まれてしばしお蔵入りに。ところが空いた店舗を借りた「油そば」の店が再び店頭に。しかしそこも潰れて、今は親子丼と玉子料理の専門店になっている。店の栄枯盛衰はあってもずっと店頭に立つ働き者の人形である(笑)

もうすっかり新年の気分ではなくなってしまったが、入店して親方と奥さんに本年もよろしくと御挨拶。まだ他のお客さんが来てないので親方と雑談。なんでも先日見た酒蔵「獺祭」のドキュメンタリーが良かったとのこと。倒産しかけた際、年季の行った杜氏の勘に頼った酒造りを止め、すべてのパラメータを科学的に測定して酒造りをコントロールし、同一の環境下で、均質に効率的に大量生産できるような工場を作ったのだとか。最近売り出し中の銘柄だが、そんな背景があるとは知らなかった。

本日の大吟醸は「松の司」との由。それを頼もうとするら親方が「あっ、東洋美人もある。台風被害から蘇った奇跡の大吟醸」と宣伝するので(笑)、ではそれを所望。雑味なくふっくらした米の旨味を感じるよい酒。

まず牡蠣スープが供される。魚の出汁がずいぶん効いている。冬の寒い時期には身体が芯から温まる気がするここの名物。

まずお通しの皿。海老頭、ホタテ煮浸し、タラ白子、ヒラメ縁側甘酢ヅケ、マグロ中トロのヅケ。

どれもお酒が進む。二杯目は「松の司」大吟醸を所望。これは東洋美人よりも軽く切れがよい。

その後はいつもの「十四代 本丸」を頼もうとすると、親方が「今日は獺祭がある」と思いだしたので(今日は何故かよく思い出すねw)ではそれを。TV観て、ないだろうと酒屋に一応頼んだら持ってきたのだと。

握りに移行しまして、まず最初はマグロのヅケ。銚子だというヒラメは2キロでなかなかの肉厚。最初は甘酢ヅケに一味を隠し味で。ゴマ醤油ヅケはアサツキを噛ませる。

スミイカも軽く醤油漬けにしたもの。肉厚なり。皮目を焼き霜にしたシマアジもここの看板だが香ばしくも美味い。海老は甘酢に潜らせておぼろと共に握る。この夜は常連のお客ばかりで、親方や奥さん中心に話がはずむ。

北寄貝も酢につけて甘味を引き出したこの店独特の仕事。貝はもう一種平貝あり。 ここからいよいよクライマックスの光物に。まずサヨリ。脂がびっしり入っているが爽やかな味。コハダもこの店の固めの酢飯に実によく合う仕事。三陸のイワシもネットリした脂が乗る。小柴だというサバは肉厚でフレッシュな旨味と甘味が酢飯に溶けほぐれて行く。実に美味い。

ハマグリ、アナゴは独特の風味あるツメで。ここのアナゴも一度食すると癖になる。最後は玉子貰って〆。與兵衛にしかない寿司を堪能した。お年賀の手ぬぐいもらってホロ酔い気分でのんびりと帰宅。

BeWJW-ACIAAjG1J.jpg



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック