97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
東京都知事選2014、話題の泡沫候補をチェックする
帰宅したら、ポストにこんなものが。選挙管理委員会が各戸に使い捨てカイロ配って投票呼びかけとは。前の都知事選の時は記憶にないなあ。

BfOqCTkCEAAyukN.jpg

選挙公報も配布されたので、これを読みながら、録画をしていた政見放送をチェック。

マスゾエ、細川、宇都宮についてはあまり興味はない。木曜発売の週刊新潮に記事が掲載されたが、おそらく自民・公明に推されたマスゾエが圧勝だろう。「反原発」は、前の参院選挙で小沢一郎が後ろで糸を引いた「生活」が大惨敗したのを見ても、ネットでは声が大きいが、民意にはならない。細川と宇都宮はダブルスコアで破れるだろう。ただマスゾエは、金と女で脛に傷があり、当選しても後でスキャンダル出てくる可能性がある。あの目付きも好きになれない。都政が混乱しないとよいのだが。

田母神についても、ネットではずいぶん支持の声を聞くが、ネトウヨの声は民意とは違う。真面目に働く自衛官に対しては、今の何十倍も敬意が払われてしかるべきだが、文民統制の意味をまったく理解していない阿呆な元幕僚長に政治的な権力を渡してはいかんだろう。


(根上隆)

根上隆は泡沫感溢れる語り口。飲み屋で酔っ払って床屋談義してるオッサンに時折こういうのがいるな。しかし折角TVで喋れるんだから、事前にもう少し頭使って論旨を纏めてから喋れば良いのだが、自分は頭がよいと自己評価が高すぎるのか、まともに準備していない。案の定、途中でプツっと演説が切られて時間切れw

ただ、YouTubeに上がってるこの人の出馬記者会見見ると、この人やはりかなり電波系の病気が進んでいる。何して食ってるか分からないがよく供託金準備できたものだ。




(中川智晴)

この人も、泡沫感溢れる経歴に、実世界では周りが相当困ってるだろうなという変人臭に溢れる演説。世の中からも大分迫害されてきた模様。まあ、自分が世界を幸せにする国王だとか、社会を改革する一級建築事務所をやってるとか、多幸感、全能感に溢れて、話題が次々に飛びまとまらないというのは、一種躁の症状だが、本当に大丈夫か。

YouTubeの出馬会見見ても、根上隆よりも更に病状は進行しているように見える。



マニフェストページを読んでも電波系の香り満載。twitterのページもあるのだが、読んでも何書いてるかまったく分からない。この人も供託金どうやって都合したんだろう。真に驚くべきは、本人が自分でYouTubeにアップしたと思しいこれ。



相当心の調子が悪かったか、薬飲み忘れた時の録画だと思うが、なんとも痛ましい気がする。どう考えても入院加療を要する状態では。

今回の泡沫候補では、この根上隆と中川智晴が真の「電波系」2名。もちろん被選挙権は誰にもあるから、出馬止める訳には行かないだろうが、面白いというよりも痛ましい気がする。

(松山親憲)

参院選の選挙公報でも、一人二人は手書きの人がいるものだが、今回はこの人だけ手書き(笑)朴訥な田舎のジイサマ風だが、政見放送聴くとはるばる鹿児島県は指宿から立候補したのだとか。指宿は正月に行きましたがな(笑)のんびりしたよいところだけどねえ。主張は真面目で、ジイサマ毎日新聞を丹念に読んでるんだろうなあと思うが、まあ別にわざわざ都知事になって頂かなくともという印象。家族も、「じいちゃん止めとけ」と止めたと思うんだけどねえ。

BfOsWVvCMAEcT61.jpg

(ドクター中松)

ドクターの政見放送は、もう手馴れたもの。泡沫候補でも古豪の風格に溢れる。この人は機を見るに敏なところがあるが、主要4候補にちゃっかり自分を入れて、「今回主要5候補といわれてますが」と前置きして、「四人が四角なら私が真ん中です」と主張するのが面白かった。おそらく泡沫の中ではトップの得票では。しかし、85歳なんだとはビックリ。


(酒向栄一)

この人も変わっているが、それなりにある意味真面目で、おかしいと思った事に関しては、放送でも悲憤慷慨してコーフンし、途中で声がうわずる。まあある意味善人なんだな。しかし素人の悲しさ、ペース配分を誤り政見の途中で放送がプツンと切れる。

(ないとうひさお)

ある意味、典型的な泡沫候補。元自衛官。視野が狭く、保守的で、頭が悪いが、自分では「なんで皆天才のオレ様の言うこと聞かない」と首を傾げて生きてきたようなタイプ。でもハッキリ言って何の面白味も能力も感じないんだよねえ。

(マック赤坂)

政見放送は今回エンジェルのコスプレで。しかしもう衝撃は薄れ、場末の寄席で売れない芸人の舞台を見てるが如し。本人も、前回の敗戦後に引退発言があったり、今回も届出時にやはり止めるとかあったようだが、もうモティベーションをすっかり失っている。自信家で、経歴見ると虚言癖あるのではとも思いたくなるタイプ。最初は結構いけるのではと独りよがりの自信もあったのだろうが、まったくダメという客観的事実を何度も突きつけられ、心が折れかけてるのかもなあ。ハッキリ言ってもう悪ふざけの範疇。心の病でやむに病まれず立候補したと思しい、根上隆や中川智晴のほうに投票するほうがまだマシな気がする。


(金子博)

政見放送見る限り、奇矯な所のない真面目な常識人だと思うが、84歳のジイサマで、考えが明らかに間違ってたり古かったりするところあり。あえて投票する必然性は無いといわねばならない。

(鈴木たつお)

労組出身の弁護士。政見放送は手馴れたものでまともだが、宇都宮と主張は同工異曲。だとしたら泡沫のこの人に投票しても死に票になるばかり。まあ投票する必然性は無い。左の人は「我こそ正し」と我を張って、肝心の票を食い合う傾向があるよなあ。

(ひめじけんじ)

この人は前にも出馬してたが、御年の割りにはフサフサ、ツヤツヤした髪型。スポッとかぶったようなあのヘアスタイルが気になって気になって、話が頭に入ってこないw

(家入かずま)

政見放送は見てないのだが、IPO長者だからといって政治家の資質がある訳ではない。選挙公報見ても、みんなで考えましょうと、「ぼくらの生活はどうしたらよくなるだろう」等と質問を投げかけているのみ。本人は新規軸だと得意になってるのかもしれないが、たとえ悪い頭でも自分で考えて自分の考えを書いてもらわねば、都知事になって頂く必要など1ミリもない。これに入れるのなら、まだ他の泡沫に入れたほうがずっと意義深いだろう。

(五十嵐政一)

この人も政見放送は見てないのだが、選挙公報には「へんな日本人」と。自分の事を「よい人です」と言う人間も信じられないが、「へんな人です」と言うヤツはもっとロクデナシだ。マレーシアとの実業では何か実績あるようなのだが、やはり勘違いした人なんだなあ。


ということで、泡沫候補をあれこれ見てきたが、田母神を泡沫から外すとすると、泡沫候補の中で一番得票が多いのはやはり古豪、ドクター中松では。ビリは、地味な松山、酒向、金子、ないとう、ひめじが激しい争いを繰り広げるだろう。根上、中山はちょっと別格の泡沫候補で、本人達のためには選挙なんかに出るよりも入院加療すべきだが、ちょっとくらい票は集めるかもしれない。

まああくまでも、根拠ない個人的感想ですが(笑) それにしても投票する先が無いのには弱った。どうする。








関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック