97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」と歌舞伎談義
先週水曜日は会社を出るのが遅くなった。「新ばし しみづ」に電話すると珍しく空いてるという。早速入店。カウンタには2組お客さんがいたが、もう終盤。聞くと今日はもう予約入ってないのだとか。珍しいがソチ五輪女子フィギュアのフリー演技の日だったから、皆早帰りして仮眠後TV観るのでは。

お酒は常温。お通しは菜の花芥子和え。いつも通りおまかせでつまみを切ってもらう。タイは上質な脂が甘く口中に溶ける。ヒラメ昆布〆はネットリした昆布の旨み。今シーズン初のトリ貝が出た。瀬戸内の産だとか。全盛期はまだまだこれからだが、もう既にかなり厚みがあり歯ごたえと爽やかな甘味がある。

サヨリは小口に切って生姜醤油で。漬け込みのハマグリに赤貝。煮たヤリイカも、ここで出るのは今年初。タコが種札からは姿を消した。どんどん春の種が増えてくるだろう。白子ポン酢。サバ。最後は白ウニをもらってつまみ終了。途中でカウンタは私だけになりまるで貸切状態。普通、座ってる内にどんどん当日来る客の電話が入ってくるものだが、この日は電話もなし。女子スケートの力恐るべし(笑)

お茶に切り替えて握りを。まずキス。ここの強い酢飯にぴったり合う仕事。マグロはもう西のほうで上がっている。赤身と大トロに近い中トロ。相変わらずシットリした旨みが口中で溶け崩れる。ハマグリ出汁のお椀。ミル貝が一貫でた。アナゴは塩とツメと半分ずつ。カンピョウ巻で〆。

2月の終りに長めの休み取るそうなので、どこかに旅行するのか親方に聞くと、九州寿司屋巡りをするのだとか。息子を短期に預かっていた唐津の有名店に行って、その他つき合いのある博多近辺の有名寿司屋を巡るのだとか。なかなか興味深いなあ。

勘定して店を出て、「P.M.9」に。お客は誰もおらず。バーテンダーM氏によると今日は早い時間から暇だとのこと。やはり女子フィギュア中継の影響か。最初にいつも通りドライ・マティーニを一杯。飲んでるうちに「しみづ」の灯りが消えた。珍しく早仕舞いするようだ。「久」も同様らしい。珍しいなあ。

先日見た007「スカイフォール」の影響で二杯目はマッカランを。その後、別のシングルモルトをもう一杯。

「しみづ」の奥さんは歌舞伎に大いにハマっており、毎月観に行ってるそうなので、あれこれ歌舞伎談義を。Webで取るなら、結構最後のほうに良いチケットが出てくる事など教えてもらう。講演会に割り当てられたチケットの戻りが出るということらしい。

大向こうから「音羽屋」とか「播磨屋」とか声がかかるが、あれは声をかける好事家の会があり、それに入ると木戸御免で3階席に入れるのだとか。それは知らなかった。確かに、声かける見巧者が誰もいないと、見栄切っても空振りとなってしまう。劇場サイドとしても「大向こう」の需要があってお互いに協力関係にあるんですな。

Wikiにも、「大向こう」の項目があり、読むと実に興味深い。そこで参考文献として紹介されている「ほぼ日刊イトイ新聞 大向こうの堀越さん」は、「大向こうの会」の会員に取材して、声のかけ方のルールなどを取材した読み応えのある傑作ルポ。歌舞伎が好きなのは勿論必要条件だが、何より回数多く歌舞伎座に来れることが入会条件。歌舞伎の興行があちこちで行われる時期なのは、ひとつの劇場で声を掛けたら、タクシーで次に行くなど大忙しなのだとか。実に面白いなあ。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック