97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問
今週の月曜は会社帰りに「新橋鶴八」。

電話した時は即答で大丈夫ですとのことだったが、入店してみるとちょうど奥の座敷に数名客が入るところ。カウンタも既にほぼ満席で結構な混雑。

一番奥から2番目の席に案内される。まず冷たいお酒を所望。お通しはスミイカゲソの付け焼き。もうスミイカもずいぶん大きくなった。立て込んではいるのだが、ちょっと待ってると、親方はちゃん頃合を見計いながら注文を聞いてくれるので、ストレスは感じない。

まずつまみを切ってもらう。最初はヒラメ。肉厚で旨み十分。塩蒸しは小ぶりだが香りがよく旨みが凝縮している。サバ、漬け込みのハマグリと貰ってお酒終了。この店に来るといつもお会いする大常連氏が隣に座られたので、あれこれ雑談しながらのんびりと。立て込んで時に、あれくれこれくれとあせって頼んでもしかたないものねえ。

お茶に切り替えて、握りに。中トロはほとんどトロに近い脂のある部分。コハダはいつもながらネットリとした旨みのある〆具合で米の旨みを残したここのふっくらした酢飯との相性が素晴らしい。コハダは店によって仕事が全て違うけれども、コハダに関しては「新橋鶴八」が一番好きかな。ハマグリ出汁の豆腐のお椀が出て、アナゴを。濃厚なツメが美味い。最後はカンピョウ巻で〆。いつも同じものしか頼まないけれども、当たり外れがなく仕事から受ける満足感はいつも安定して変わらない。これは考えてみると結構凄い話だ。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こはだ
新橋鶴八のこはだ、ジューシーでとっても美味しいですね。そのこはだを食べるといつも思い出すのは、引退された師岡親方のもの。新橋に比べるともう少し締まっていたかな。もちろんどちらが良いというものではありません。面白いのは、師岡さんも石丸親方も異口同音に「親方から教わった通りにやっています」ということ。基本は伝承しつつも出来が微妙に異なってくるのは、すなわち個性の違いということなのですかね。因みに師岡さんの味により近いと感じるのは、現在の神保町の田島親方。そう言えば、しみづ のこはだも新橋とは相当違いますものね。技はこうやって受け継がれていくのか。
 まったく余談ですが、石丸さんが独立するとき師岡親方から言われたことは「自分の好きにやれ」、「どうせやるなら激戦区でやれ」だったそうです。いかにもあの方らしいハッパのかけ方ですね。
2014/03/10(月) 09:13:06 | URL | in・go uncle #-[ 編集]
師岡親方が現役の時には、神田鶴八訪問がかなわなかったのが残念です。やはり一番仕事が似てるのは後を継いだ現親方ですかね。石丸親方は、仕事については、弟子が独立する時には、好きなようにやってよいと言うそうですが、やはり基本が似てるところがありますよね。
2014/03/14(金) 11:13:02 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック