97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
築地「天麩羅 なかがわ」訪問 
土曜の夜は築地の「天麩羅 なかがわ」。春の天ぷらを味わいに。5時に入店。お酒は冷たいのを所望。お通しは三つ葉のおひたし。

カウンタ端には種札があるのだが、目当ての白魚がなくしばし愕然。桜が散るまでの種ということで去年は食べそびれているので、今年ことはと思ってたのだが。

特に注文しないが、いつも通りおまかせで始まる。まず海老が2。軽い衣で芯をレアに残す軽い揚げ。鬼殻を取った頭は逆にじっくりと火を通して旨味を引き出す。海老やイカは塩で食しても勿論美味い。キス、メゴチ、アナゴは天つゆのほうが好きだなあ。

キスはしっかりした揚げで水分を飛ばして旨味が凝縮している。天つゆで。口中に差し込んでくるような旨味。ほぼ通年で食することのできる天種。

フキノトウは塩で。春の芽吹きがほろ苦い風味と共に口中に広がる。スミイカはもうすっかり肉厚に。これも軽い揚げでスカッと噛み切れる歯ごたえがよい。

天ぷら鍋を見ていると、中川氏が細い種を一本ずつ次々に放り込んで行く。なんと種札は下がってなかったが、白魚がちゃんとあった。来た甲斐があったなあ(笑)

ここの白魚は、キスほどではないが、軽い衣ながら香ばしく揚がっている。塩をつけて噛み切ると、衣の香りと白魚のほくほくの旨味が口中に。中川氏によると、季節はやはり桜が散る頃まで。しかし今年は漁獲が不安定で入らない日もあり仕入には苦労するとのこと。「淡泊な見かけと違って揚げるととても旨味が強い魚なんです」と。まさにその通り。

タラの芽は塩で食する。これまた春を告げる種。白子はすだちを絞って塩で。こちらは冬の名残、濃厚な旨味。伏見唐辛子。メゴチは小ぶりだがしっかりと揚がり、天ぷらの醍醐味を感じるしっかりとした旨味。大ぶりのアナゴを鉄箸でバスっと真っ二つに切ると盛大な湯気が。皮目が焼かれる寸前程度までしっかり熱が通っている。これはもちろん天つゆで。寿司種とは違う天ぷら独特の旨味。

ここから野菜。茄子、蓮根、サツマイモ。〆は小柱のかき揚げを乗せた天丼。シジミの赤出汁とお新香を添えて。いつもと変わらぬ中川氏の真面目な仕事ぶりと春の美味い天ぷらを堪能した夜。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック