97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
築地「鮨 つかさ」訪問
水曜の夜は築地「鮨 つかさ」。当日の夕方電話すると「ご用意できます」とのことだったので6時過ぎに入店。既に二人組の先客あり。今日は奥の座敷も予約入っており、これからほぼ満席になるとのこと。商売繁盛で誠に結構。ただ月曜火曜はまったくダメだった由。そちらの日に来ればよかったかな(笑)

お酒は白鷹の常温。いつも通りつまみからおまかせで。

お通しはマグロの角煮。脂がある部位なので柔らかくあがっており旨い。まず最初に切られたのは白身、マコカレイ。そうか、もうカレイが出てくる季節になってきたんだ。東京湾とのこと。トリ貝はまだ身は薄いが爽やかな甘味あり。

サバも脂は若干軽くなったがそれでも旨い。全体にこの店で仕入れる魚は、どれも上質だが極端に大きかったり肉厚だったりせず、どちらかというと小ぶりな個体。結局のところ、寿司にした時の酢飯とのバランスで、これは店によって全て違う。この店のスッキリした軽い酢飯に合う魚が、しみづのような強い酢飯に合うとは限らない。それを味わい分けるのが面白いと思う。

イカはダルマイカ。あまり聞いたことないが、この時期だけ出るのだとか。イカの種類は厳密には何十種類もあるらしい。スミイカよりも身は薄いが細切りにするとアオリのようなねっとり感あり。

マグロ中落ちもつまみで。空豆を添えたヤリイカ煮つけ。そうか、もう空豆も出てるんだ。奥の座敷が若干立て込んでたので、ホタルイカの塩辛でしばし間を持たせる。北海道の赤ウニの後は、平貝のつけやきを貰ってつまみ終了。

お茶を貰って握りに。まず中トロ。その後大トロ。シットリした旨み、この店の酢飯に寄り添って実に旨い。握りにはスミイカが。もうそろそろ卵を持つとの事で、そろそろ終りだなあ。コハダ。青柳は鮮烈な香りあり。小柱との風味の違いはいつもながら不思議に感じる。トリ貝も握りで一貫。アジは爽やかな軽い脂。茹で上げの車海老。アナゴ。最後はいつものトロ鉄火。薫り高い海苔とマグロと酢飯の見事なコンビネーション。

立て込んでいたので若干時間がかかったが、実に満ち足りた気分で店を出た。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック