97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問
昨夜は「新ばし しみづ」に。3月に何度か電話したのだが、満席続きだったので久しぶりの訪問。やはり当日の夕方電話するという方式ではダメな時が多い。しかし当日の予定は当日でないと分からないところもあるからなあ。

カウンタには団体客あり。これは勝手な偏見だが、寿司屋でワインを飲んでいる客には騒がしくて威張るのが多い気がするなぁ。勿論、店がワインを置いているのだから、こちらが文句言う筋合いではないけども(笑)

お酒はいつも通り常温の白鷹。お通しは茗荷入りのしらすおろし。お酒を頼むとつまみが自動的に出てくる(笑)まず最初は白身。マコカレイ。大ぶりの身で脂は軽いが、旨味がよく乗っている。

カツオは背の部分。もっちりして旨味が濃いが爽やかな香り。生姜醤油で。

白魚と蛍イカをオリーブオイルで合えた一品が供される。これは初めて食した。魚介類とオリーブオイルも相性よろしい。しかし白魚もそろそろ終わりか。

トリ貝はもうかなり大ぶりで身も厚く。爽やかな甘味あり。タコが種札にないのは残念だがシーズンを外れたらしい。青柳は鮮烈な香り。ミル貝も一切れ。

赤貝ヒモに小柱。春先は貝類が一杯。しかしもう少ししたら卵を持ち始めるだろう。房総のアワビは来月辺りからだが良い品物があるかどうかが問題とか。漬け込みのハマグリもつまみで。最後はウニとイカを猪口に盛り合わせて。イカはもうアオリイカだ。スミイカは新イカが出るまでお休みということになる。季節は着実に変わってるなあ。

このあたりでお茶貰って握りに。

握りはまずキス。強めに〆で水分を飛ばし旨味が凝縮している。この仕事はおそらくここの強い酢飯にしか合わないと思うが実に旨い。中トロは細かい脂が一面に入っている。これまた酢飯との相性がよい。コハダは片身づけ。師匠店よりも更に強めに〆た仕事。アジを一貫。脂がよく乗ってふっくらした身。アナゴは塩、ツメで1貫ずつ。最後はカンピョウ巻で〆。いや~、いつもながら実に旨かった。

勘定を済ませてから、久しぶりに向かいの「P.M.9」に。まずいつもの如くドライ・マティーニを一杯。その後でウィスキー。日本バーテンダー協会銀座が選んで瓶詰めしたという、ハイランド・シングルモルト「Glendronach」。ピートからのヨード臭が強いのが特徴的。その後、アイラ島のシングルモルト(名前失念)も一杯。仕上げにジンフィズを飲んですっかり酔っぱらった。タクシー帰宅。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック