97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
iPad Airを購入
iPad Airを発注。アメリカにいる時からそうなのだが、アップル製品は店舗ではなくオンライン・ストアでいつも発注している。考えてみればWiFiモデルだしビックカメラで買ってもよかったのだが。木曜の夜に届いたので早速アクティベート。

PCに接続してiTunesと同期している時におかしな事に気付いた。長く使う予定だし大して値段差がないので最大容量の128GBを発注したのだが、PCの画面に表示されている記憶容量はたったの16GB。あれれ? 

設定画面からモデルナンバーとシリアルナンバーを確認すると、箱の裏面シールに記載されているものとまったく違う。困ったもんだよなあ。とりあえず返送するかとwebでキャンセルの入力。しかし考えてみると、そもそも向こうの間違いだが違った物を返品すると、まるでこちらが詐欺してるように思われないか。その日は既にコールセンターがお休みだったので、翌日に電話。

コールセンターの対応は実に丁寧なもの。違ったものが配送されたと告げると、シリアルナンバーを確認した後で、すぐに取替えの品物を届けて交換するという。返品依頼も向こうでキャンセルすると。土曜日の午後には配達可能だというのでそれで依頼。実にてきぱきとして親切な対応で、大変によかった。もともと誤配はあってはならないことだが、その後のリカバリー対応がよいと心証は悪くならない。顧客対応として実に大事な事をしっかりやってると逆に感心した。

土曜の昼過ぎにヤマト運輸が新しいパッケージを配送して、前の箱を引き取っていった。再配達されたiPad Airの仕様は発注通り。早速アクティベートしてiTunesと同期。前に使ってたのが初代のiPadだったから前の設定を引き継ぐ事ができなかったが、他には何も問題なし。音楽も映像もアプリも全て移行。Kindle本もダウンロード。

WebやTwitterにアクセスすると、さすがに初代iPadと比較して格段に早い。薄くて軽くて早いというのは素晴らしいなあ(笑)



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
AppleとかSIGMA(レンズメーカー)とか良い言い方すると素早く丁寧な対応でユーザー第一ですね。悪い言い方するとそういったトラブルが多くて手慣れているとも言えますねぇ。
Airになる前のiPad使ってるんですが、2回新品交換になりました。その都度素早い対応なんだけど、2回目は「変なクレーマーとか思われるんじゃ」ってさすがに躊躇しました(笑)。3台目は無事動いてますが、それが普通のはずなのに「ああ、よかった。良い対応してくれたわ」って錯覚しちゃうんですよね。でも、良いメーカーだと思います(笑)。
2014/04/21(月) 08:41:38 | URL | taka #xJy3ruYo[ 編集]
さっさと新品に交換するほうがずっと手離れよくて効率的なんで割り切ってるのでしょうねえ。しかしすぐに交換品が来ると、なんだかよいサービスだと逆に評価が上がったり。まあ、災い転じて福となすといいますかw

だいたいiPodが最初に出た時、日本企業なら電池交換のスロットと蓋つけるところを、「電池は交換できません」ですからねえ。割り切りが素晴らしいw

2014/04/21(月) 20:06:33 | URL | Y. Horiuchi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック