97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「松竹歌舞伎会」クレジットカード入手
歌舞伎座のチケットは「チケットweb松竹」のサイトを使ってネットで購入しているのだが、「松竹歌舞伎会」に入会すると一般販売の2日前の特別販売で席を押さえることができるのだという。これは便利じゃないかと調べてみると、単に会員登録するのではなく「松竹歌舞伎会」クレジットカードを申し込む必要があり、その年会費が3,000円なんだとか。クレジットカードはアメックスとVISAを既に持っており、VISAカードをもう一枚というのは本当は要らないのだよなあ。

とはいえ先行予約のメリットあるのなら元が取れるのではと早速申し込み。申し込みも銀行引き落とし口座の依頼もwebで可能。カードは数日で届いた。

五月のチケットは既に一般発売中なので、今度このカードが威力を発揮するのは六月大歌舞伎のチケット受付。一般は5月12日発売だが「松竹歌舞伎会」会員10日10:00a.m.からweb予約が可能。公演を購入するとポイントがつき、これがある一定を超えると、「特別会員」「ゴールド会員」となって更に先行発売日が早まるというのだが。

ただ歌舞伎のチケットも不思議なところがあって、一般販売開始後すぐにチェックしても、土日の人気公演の一階一等席前のほうは既にブロック単位ですべて予約済みになっている。そして日が経つと、このブロックからポロポロ空きが出てくる。後援会などにバルクで卸している席があり、これが後になって「戻って」くるのだという。だとすると「松竹歌舞伎会」に入って2日前の先行販売に申し込んでも、前のほうはブロック単位で全部押さえられてるのではという危惧が。「戻り」を待つのなら別に「歌舞伎会」に入る必要ないものなあ。まあ5月10日に実際に確認してみよう。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック