97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
築地「つかさ」訪問
金曜夜は会社帰りに築地本願寺裏「鮨 つかさ」。

入店すると既にカウンタには年配の親爺4名がいて盛り上がっている。本日は結構うるさそうだな(笑)常温の白鷹を貰って始めてもらう。「この前はすきやばしの辺りは警備が大変だったでしょうねえ」と親方。オバマ来日の話は、昨今どこの寿司屋でも話題だろうなあ(笑)

最初に枝豆とヤリイカ煮つけ。春だ。白身はマコカレイと鯛。シャコは肉厚で旨みあり。カツオは皮目を炙ってあり旨みあり。マグロ脳天スモークもつまみで。薫り高くネットリした旨みが素晴らしい。

BS12の取材の話を聞くと、本当にぶっつけ本番で店の選んだ通りに10貫出して終了。出した後で他の種に変えてくれとか注文は一切無かったのだとのこと。なかなか面白いなあ。何を出したかは5月4日の放映日に確認することに(笑)

アジもつまみで。身が厚くふっくらと脂と旨みが乗る。ウニもつまみで。この辺りでお茶貰って握りに。

まず赤身とトロ。スミイカは実に肉厚。さすがにそろそろ卵を持ち始め、使うのはもう終りだとか。アジは握りでも素晴らしい旨み。コハダもそろそろ終盤だがここのスッキリした酢飯によく合った仕事。平貝、トリ貝、小柱と貝を続けて。小柱はやはり海苔と合う。ねぎま汁が供される。マグロの脂が出汁に溶けてしみじみ美味い。茹で上げの車海老。玉子を一切れ貰い、最後はいつも通り鉄火巻で〆。酢飯と種のコンビネーションがいつもながら素晴らしかった。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック