97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
西大島「與兵衛」訪問
土曜の夜は西大島「與兵衛」訪問。他の予定があったのだが急に変更になったため、当日の昼前に電話してみると入れるという。珍しいな。

7時ちょっと過ぎに入店。まだ2名来てないがカウンタは満席予定。席は入り口から左奥の壁際。この席に座るのは始めてだが、つけ場を斜め後ろから見る事ができて実に興味深い。

ます本日の大吟醸、三重の酒「寒紅梅」を頂く。すっきりした軽い飲み口だが米の旨みも感じられるよい酒。その後は十四代本丸に。

お通しの一皿は、海老頭漬け、ホタテ煮浸し、トリ貝、シャコ、マグロ炙りづけ、ヒラメ縁側甘酢ヅケなど。日本酒に合うなあ。

ほどなく握りに移行。まずマグロ赤身のヅケ。ネットリと熟成した濃い旨みはいつも通り。硬めで若干水分が少ない感じに仕上がったこの店の酢飯によく合う仕事がしてある。イカはスミイカ。もうそろそろ季節は終了。この後は白イカを使い、アオリは握りには合わないので使わないとのこと。

ヒラメの甘酢づけは一味がアクセントに。胡麻醤油漬けはあさつきを噛ませる。どちらもこの店のスペシャルだが実に美味い。バナメイ海老じゃありませんよと冗談と共に供される車海老は、甘酢を潜らせてオボロと共に握る。

皮目を炙ったシマアジのヅケ握りもここでしか出会えない仕事。北寄貝も甘味を引き立たせる仕事が独特。ここから光り物に。カスゴはふっくらした白身の旨みがきちんと残っている。コハダはまだ小さいのを選ってるようだがそろそろ終りか。サヨリはもう先月で終了したが今年はあまりなかったと。アジは脂がネットリする絶妙の〆具合で酢飯ともよく合う。

ヤリイカ印籠を一切れ。漬け込みのハマグリはツメが良く合う。白くふっくらと煮上がったアナゴも素晴らしい。最後は玉子を一切れ。與兵衛にしかない仕事がいつも通り次々と。どれも素晴らしかった。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック