97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「ネイチャー(Enchanted Kingdom)」を観た。


『ネイチャー』を3D版で観た。撮影については、3Dカメラでアフリカの大自然をよくここまで美しく撮ったなと感心。ヴィクトリア瀑布を上から撮影した画像は素晴らしい。池を埋め尽くすフラミンゴの群れ、ゴリラや象にも実に近くまで寄って綺麗な画像を撮影しており大画面で深みのある3Dで観ると実に面白い。エンドロールが終わった後に4分ちょっとのメイキング画像が流れるのだが、特殊な機材を開発し、大量のスタッフを投入して過酷な自然の撮影を可能にしたのだとか。

ただアフリカの大自然の映像というのはTV番組でも世の中に溢れているので、素材そのものとして目を見張る衝撃的なものが多々あるかというと、若干疑問なところ。

気になったのは映画の構成と編集がどうも散漫なこと。オフィシャル・サイトにある「水こそ生命の源」というテーマは、日本語ナレーションの最後でとってつけたように触れられるだけ。そういえば映画館では「3D」「2D」は選べるが普通の洋画ならある「字幕」「吹き替え」の区別がない。日本語の吹き替えナレーション版しか公開してないのではないかな。

そしてこのナレーションの内容がまたショボい。イマイチ取り得が無いというか、素人じみているというか、どれもどこかで聞いたようなフレーズの羅列で、まるで高校の文藝部の人が書いたポエムの如し(笑)

原題は「Enchanted Kingdom」とあるが、iMDBで調べても英文サイトには大した内容が出てこない。iMDBにリンクのあるオフィシャルサイトは日本のもの。欧米では公開されてないのでは。本当にBBC製作の映画を買い付けてきたのかね。大仰なプロモも不審なところ。英文のオリジナル・ナレーションがあの程度とは到底思えない。欧米のプロの仕事なら、日本語に翻訳したとしても、独特のしゃれた表現が明らかに残ると思うのだが。あるいは翻訳がまずかっただけとか。映像は実に綺麗だったが、ところどころ実に不思議なドキュメンタリーだ。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック