97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
團菊祭五月大歌舞伎、昼の部に行った
大型連休最終日の火曜は、歌舞伎座の團菊祭五月大歌舞伎昼の部に行った。「十二世市川團十郎一年祭」と名付けられている。團十郎も亡くなってもう1年。

dngks03.jpg dngks02.jpg

dngks01.jpg

先月、松竹webでの販売初日にアクセスしたのだが、既にブロック単位で完売の日も多く、たまたま一階の一等席前のほうで空いていたのが4列2番という席。ここは舞台から4列目、花道と桟敷席の間に挟まれた狭いスペースにある割と変わった席。花道には実に近いが舞台中央は横から見るような感じ。まあなんでも試してみるかと予約。役者が花道で舞台中央に向けて演技するには反対側から見ることになる。

幕間で弁当使うのも面倒なので遅い朝食を取って歌舞伎座まで。入場してからイヤホンガイド借りて筋書き買って席に。

最初の演目は市川左團次の「毛抜」。歌舞伎十八番のひとつだが一時演目の伝承が途絶えたものを二代目の左團次が明治に復活させたもの。家の芸を四代目が演じることになる。

左團次演じる粂寺弾正が、お家騒動で揺れる家との縁談を進めるための使者としてやってくる。待たされる間に女にも男にもちょっかい出して振られ、因縁つけに来た輩を出て行って成敗し、姫様の奇病の謎を見破って治し、お家乗っ取りをたくらむ奸臣を切り捨てるという大活躍。途中では後見が持ってきたお茶を舞台上で飲む場面もあり、まさに豪快な主人公がやりたい放題やるという、実におおらかで豪放な「荒事」の雰囲気に満ちた一幕。

踊る「毛抜」に合わせて見せる数種類の見得が有名なのだそうだが、斜め横からはあんまりよく見えなかったなあ。しかし幕が引かれてからいわゆる「幕外の引っ込み」で、佐團次は、これでもかとばかり、えらくたっぷりと見得を切る。席はちょうど「七三」と呼ばれる役者が見得を切る定位置のすぐ横だったので、これは迫力十分で面白かった。佐團次は73歳のはずだがまだ身体が動いてお元気ですな。

30分の幕間があって「勧進帳」。海老蔵が弁慶、菊之助が富樫を演じる。この二人は共に36歳。歌舞伎界の世代交代を感じさせる若い組み合わせ。

義経主従の出は、花道で舞台中央に背を向けて並ぶのだが、座った席からは顔を向けて立っている義経主従を見上げることになって奇妙な気分。花道の役者というのは化粧のせいかよい匂いがするんだね。

花道での弁慶や四天王の口上は実に迫力あり。義経が笠をかぶる際、金剛杖を隣の役者が支え持ってあげてるところなど、客席中央から見てると分からない部分も逆に面白かった。

菊之助は、富樫登場の口上から、伸びのある朗々たる口跡で、大変印象的。海老蔵は、眼力が尋常ではなく声も出ているのだが、なぜか時折急に早口になる時があり、その時だけは急に弁慶の気がフーっと抜けて存在感が薄れるようなバラツキを感じる。迫力ある若々しい弁慶だがもう少し年功が要るのかもしれない。

しかし最後の弁慶「幕外の引っ込み」が凄かった。「七三」で見得を切る弁慶は、見上げる花道で、スポットライトの眩い逆光の中に白目を剥いて屹立する。呪術のような見得を切る、まさしく異形の鬼神の如き迫力。飛び散る汗。あれは4列目の1~6番くらいの座席でしか経験できない、本来の演出が予定しない一種の特殊効果だ。座席の妙というのも確かにあるのですな(笑)。

次の幕間で3階のドリンク・コーナーまで登っていってスパークリング・ワインをグラスで一杯。なんでか知らないが、1階2階では売ってないな(笑)

ホロ酔いで、菊五郎の「魚屋宋五郎」を。酒を絶っていた宋五郎が、殿様にお妾奉公していた妹が誤解で手打ちにされたと聞き、悲嘆にくれるが、つい酒に手を出し、手を出すと止まらず酒乱となって殿様の御屋敷に怒鳴りこみに行くことに。

菊五郎一座の息の合った気楽な世話物。何度もやっている役だから菊五郎も手慣れたもの。それにしても菊五郎も70過ぎのはずだが、元気だよなあ。気楽に笑って観て昼の部の終了。

「大向こう」も結構かかっていたが、勧進帳でも「成田屋」より「音羽屋」の声のほうがずっと多かった気が。途中で「11代目!」とかけてる人がいて不審に思ったが、後で調べると今の「海老蔵」は11代目なのだそうで。しかしそれは通称になってるのかねえ。

そして虚心によく聞くと、お年寄りなのか、腹が据わってない実にヘナチョコな声もある。あれはあれで味なのかもしれないが相当の爺様では。まあ元々、古式を尊ぶ風がある歌舞伎だが、大向こうも年功が必要とされるのかも。大向こうについては「大向うの人々 歌舞伎座三階人情ばなし」を読んだだけだから、細かい三階席事情はよく知らないけれども(笑)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック