97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問
火曜の夜は「新橋鶴八」で一杯。カウンタに着くと他にお客は一人だけ。2週間前の土曜日だったか、石丸親方と銀座線の駅じ駅でばったり会ったので、「あれは奇遇でしたねえ」とご挨拶。昼と夜の営業の合間に蕎麦屋に行ったそうである。そういえば以前、銀座松屋横で信号待ちしてたら、すぐ前の車の助手席から誰か手を振って声がする。誰かと思ったら西大島「與兵衛」親方夫妻の乗った車だったなんて事もあった。行きつけの寿司屋の親父とは意外に外で出くわすなあ(笑)

菊正の冷酒を貰い、いつも通りつまみから。お通しはホタルイカ。まずカレイを切ってもらう。肉厚だが初夏を感じさせる乾いた感じの軽い脂がカレイの特徴。アワビは5月から房総のものが解禁だとかで、実に立派なものが。香りもよい。アワビはある程度の大きさがあると滋味が深くなる気がするなあ。

石丸親方が、「しみづにいた女性の弟子が今度自分の店出すんですよ」と、親方自身に来た開店案内の挨拶状を見せてくれる。そういえば孫弟子にあたるんだよなあ。独立して店やりたいと物件を探してるところまで聞いてたが、なんと銀座七丁目に店を出すのだとか。6月開店らしいが凄いね。まあ8年間も頭くりくり坊主で修行してたものなあ。是非行かなければ。

割と空いていたので親方とお弟子さんと、昨今続々と増えてきた「俺のフレンチ」や「俺のイタリアン」の話など。蕎麦やおでんもあるらしい。「俺の中華」「俺の寿司」がないなあ。お弟子さんにどこかにいる仕掛け人見つけて仲間と組んで「俺の寿司」出したらどうかとかあれこれ冗談話を。

肉厚なアジもつまみで。脂がよく乗っている。漬け込みのハマグリもつまみで。

この辺りでお茶に切り替えて握りを。中トロはかなり脂のある部位。コハダもそろそろ卵を持っているというが脂が乗っているのを選っていると。ネットリした旨みはここの酢飯によく合う。トロトロのアナゴの後はカンピョウ巻で〆。どれもいつもながら実に結構。

その後「P.M.9」に移動したら、最多来店記録F氏がいて、あれこれ雑談。このところ「しみづ」に夕方電話しても予約で一杯で連続で蹴られているというと「それは『出禁』じゃないんですか」と(笑)その顛末は、今週の「しみづ」編で明らかになるであろう(笑)

いつも通りマティーニを一杯。その後でアイラ島のシングル・モルトを。なんだかんだ話が弾んだので、その後もジントニック貰ったりしてすっかり酔っ払った。

BoKgIm4CQAAv_bF11.jpg

バーテンダーのM氏に、スコッチのストレートに加水する際に使う加水する小さなガラス・ポットをもらった。今度自宅で使ってみよう。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック