97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問
先週火曜に「P.M.9」のカウンタでお会いした最多来店記録F氏は「新ばし しみづ」に予約入れる際、朝8時半くらいに電話していると聞いてびっくり。そんなに朝早くから。8時から電話取るらしいが、直後は話中ばかりで繋がらないのだとか。だとすると、私のように会社出る寸前に電話して空いてないもの当然かもなあ。

しかし「出禁」の噂があっては行かねばならぬ(笑)先週木曜の夕方に電話するとなんとOK。ラッキーだな。仕事終わって入店すると、なんたる偶然かカウンタにはF氏が。席に着くと清水親方が「何度も断っちゃって申し訳ありませんでした」と。F氏に「ホラ、「出禁」じゃないでしょ」と念を押す(笑)

F氏は、ここと決めた店には頻繁に通うのだが、どの店でも時として予約が立て込み何度か連続で入れないことがある。そうすると「出入禁止」になったのでは、とすぐ心配になるのだとか(笑)

「しみづ」に入店する直前に「P.M.9」に女性客が入って行くのを見た事を話すと、F氏とお弟子さんも入れて、「バーテンダーのMさんは早い時間に彼女を呼び込んでるんじゃないか」、「Mさんのファンかな」、「Mさん意外にモテるんですよね」、「今頃彼女に、『Fさんがそろそろ来るから帰れ』とか言ってたりして」、「自分で呼んどいてひどい扱いだなあ」などと妄想話が盛り上がる。いったい我々は何の話で盛り上がってんだ(笑)

外は結構暑かったのでお酒は冷たいのを所望。銘柄は天遊林かな。お通しはシラスおろし。いつも通りつまみが見計らって供される。

白身はカレイ。実に肉厚。脂は夏の軽い脂だが旨みが濃い。ハマグリは塩蒸しで煮汁と共に供される。開くほど肉厚でなくなって来たからというのだ、この供し方は初めて見た。アッサリした塩味でなかなか美味い。

カツオは腹の身。生姜醤油で。脂も乗っており、ネットリした旨みが素晴らしい。親方と築地「つかさ」がBS12の番組に出たことなど。

カスゴもつまみで。白身を酢〆にすると青魚とはまた違った旨味あり。次に供されたのは実に立派なアワビ。海の滋味が凝縮した素晴らしい旨味。「あれ、今シーズン初めてでしたっけ。ずいぶんあいちゃいましたね」と親方。5月初めから使いだしたらしいが、確かにこの店では今シーズン初めてだ。

しばらく休暇を取っていたタコがまた種札に復活。産卵が終わって身肉に香りが出てきた。車海老は軽く炙ってつまみに。頭も鬼殻を外して炙る。トリ貝と赤貝もつまみで。アオリイカとウニを合わせたもの貰ってつまみ終了。

お茶を貰って握りに。

最初はキス。水分をギリギリまで〆て旨味を凝縮した種。この〆方は他の酢飯では合わない。マグロは赤身、そして大トロ。どちらもしっとりして濃い旨味あり。ハマグリのお椀が出た。肝臓に沁みる。シーズン終わりのコハダは片身づけで。まだここの厳しい〆に耐える脂がある。アジは小ぶりのものを軽く酢〆してある。この〆具合がネットリした旨味を残して素晴らしい。アジは酢で〆たのも好きだなあ。アナゴは塩とツメと1貫ずつ。これまた素晴らしい。最後はカンピョウ巻を半分。久々に「しみづ」の寿司を堪能した。

ちょっとだけ飲むかと「P.M.9」に寄るとF氏もまだカウンタに。早い時間に入った女性のお客の正体を問うと、バーテンダーM氏は、「そんなお客さん来ませんでしたよ」と。エッ!? おかしいなあ(笑)


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック