97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし 久」訪問
水曜の夜は「新ばし 久」に。ずいぶん久々な気がする。そういえば、今月一度電話したのだが、その時は満席だったっけ。

手伝いの女性が厨房内に2人。人は募集かけてるのだが慢性的に足りないとのこと。景気がよくなっているからという面もあるのだろうが、最近の飲食店はどこも困ってるようだ。入店した時のカウンタは私のみ。今日は割と静かだとのこと。

まず冷酒は、黒龍「火いら寿」から。すっきりした酒だが香りがよく米のふくらみもある。実によい酒だが、スイスイ飲めて飲み過ぎる危険が(笑)

先付けは温泉卵。湯葉、小ナス、トマト、さやえんどうなどをあしらって。

刺身はヒラメ、カツオ、トリ貝、蛍イカ。ヒラメは房総だというが、肉厚の立派な身でこの時期でもまだ旨味を残している。カツオは生姜醤油で。トリ貝、蛍イカは春の風味。

二杯目のお酒は、熟成大吟醸「鳳凰美田」。初めて聞くが栃木の酒蔵だとか。若干の熟成味と濃い旨味を感じる。

お椀はタケノコ入り魚白身の真丈。小さなつぼみのようなものが入っているので尋ねると花柚子なんだとか。確かに柚子の香りがする。

「しみづ」の親方が登場して、「いらっしゃい」と。「しみづ」グループは顧客情報の共有がきっちりしてるなあ(笑) 「今日はうちはガラガラなんですよ」と。 

魚は太刀魚の塩焼き。強火の遠火でじっくり火を通す。脂がよく乗ったふっくらした身をかみしめる旨さ。「しみづ」で一杯やってる時に焼き魚を出前してくれるとよいんだが(笑)

久史氏とあわびの話など。清水家の実家は魚屋だったのだが、昔は父親が盆栽の鉢にしてたくらい大きなアワビがゴロゴロ獲れてたのだとか。今でも「しみづ」はマダカアワビの大きいのにこだわって入れており、前の店ではカウンタ上の屋根にゴロゴロと大きな貝殻が飾ってあったっけ。

お酒は「大七」に切り替え。

肉料理はローストビーフ。薄く切って。サシ入った牛肉は実に旨いが、大きな塊で出されてももてあます。この程度がちょうどよいなあ。ここでおきまり終了。フライは、海老とキスを貰う。海老はまだ飛び跳ねている物の殻を剥いて。頭も揚げ切って出す。キスもしっかり揚げ切る。味の淡白な魚なので、ギリギリまで水分を飛ばしていると。

最後の甘味はチョコレートムース。甘さがくどくなく酒の後でも旨い。香りよし。

その後は「P.M.9」に。バーテンダーM氏に「今日は女性の一人客来てないじゃないの」と聞くと、「だから前の時もそんなお客さん来てませんって」との回答。おかしいなあ(笑)

ドライ・マティーニは、100年物だというアンティークのバカラグラスで供される。割ってしまうのではと手が震えるぞ(笑) その後は軽めのカクテルにしてあれこれ雑談など。帰る頃には、さっきガラガラだと言っていた「しみづ」は何のことはない満席になっていた。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック